【サタデープラス】肌と血管若返り&ダイエットにキウイ!名医のレシピも

キウイ

2016年7月26日放送の「サタデープラス」の
「ドクタープラス」は「拝見!名医の冷蔵庫
~この夏、肌と血管を若返らせのはコレだ~ 」

医学博士で管理栄養士の本多京子先生の
おすすめ食材はキウイ。

アレンジレシピも紹介!

スポンサードリンク

食と健康のスペシャリスト本多京子先生

いよいよ待ちに待った夏本番。
しかし、汗による脱水で血管はダメージを受け、
強い紫外線で、お肌はぼろぼろ。
夏のピンチを乗り切ってほしい。

今回注目するのは、名医と健康スペシャリストたちの冷蔵庫。

きっとそこには、私たちが知らない
秘密のお宝食材が詰まっているはず。

鈴木奈々さんが訪れたのは。
食と健康のスペシャリスト、
医学博士で管理栄養士の本多京子先生。
著書は60冊以上。

講演依頼もあとを絶たず、その数年間50回以上。
まさに食と健康のスペシャリスト。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

いよいよスペシャリストの冷蔵庫へ。
なにやら健康によさそうな食材や
ストック料理がぎっしり。

今回は中でも血管を守る3つのポイントに注目。


水ダシ

1つ目のポイント
それは水ダシ。

本多先生の特製健康レシピ、その名も水ダシ。

暑い中、ダシをとるのに
わざわざお鍋に火をかけなくてもOK。
水の入ったペットボトルに昆布や煮干などを入れ
一晩置くだけで、簡単にダシが出ちゃいます。

さらに水ダシをいろんなお料理に使うことによって、
うまみがプラスできるので塩分が少なくても
おいしくごはんが食べられるのです。

魚は缶詰

2つ目のポイント。
普通、冷蔵庫にあるはずのあれが入っていません。
魚が一つもないのです。

でもありました。
本多先生の家では、
魚は冷蔵庫じゃなく棚の中が定位置。
そう、魚は缶詰でとるのです。
なぜかというと旬のときに捕まえて缶詰にしていて、
空気に触れていないから、
お魚のEPAとDHAを取れて、
血管の若さを保つ成分が酸化してないのだそうです。

スポンサードリンク

血管を守る食材、キウイ

いよいよ本多先生の一押しの食材。
3つ目のポイント。

食と健康のスペシャリスト、管理栄養士の本多京子先生が、
血管を守るために自分の家の冷蔵庫に
欠かさず入れている食材はキウイ。

栄養豊富でおいしいのは知っていますが、
血管を守るとは意外。

キウイは高血糖、高血圧、高中性脂肪、
これらの症状を改善する効果が期待できて、
私たちの血管を守る食材なんです。

キウイは、血管の若さを保つ栄養素、食物繊維、
カリウム、ビタミンCを豊富に含む、
最強食材なのだとのこと。

と頭で理解はできても本当にキウイが
血管にいいのかどうか分かりません。
そこでそれを確かめるべく、
キウイの原産国、ニュージーランドへ。

日本に来る輸入キウイの9割以上がニュージーランド産。

ニュージーランドのキウイ農家

今回訪ねたのは、キウイ農家のスミスご夫妻。
1日4個のキウイを食べているという、スミス夫人。
その血管年齢を測ってみると。なんと-17歳。
実年齢69歳のご主人は-22歳。

さらに、もう1つのキウイ農家、バセットご夫妻の血管年齢は?
-18歳と-16歳。
おもしろいほどマイナス続出の、キウイ農家さんたち。

そして今回の最年長、70歳のマリオンさんは-31歳!
今回、ニュージーランドで血管年齢を測定した5人すべてが、
実年齢より大幅に若いという結果に。

それもそのはず、ビタミンCや食物繊維など、栄養素が
どれくらい含まれているかを表した栄養充足率は、
りんごが1.8、レモン5.1に対し、キウイはなんと10.6。
主要フルーツの中で、ナンバー1なんです。

そんなキウイの研究が進めば進むほど、
世界の注目は集まるばかり。

ニュージーランドでは今年、各国の医師や大学教授が集まって、
キウイの健康効果のシンポジウムまで開催されたのです。

では、ニュージーランドの皆さんは、
キウイをどのように食べているんでしょうか。

ニュージーランドでは牛肉をキウイに漬け込こんでいました。
キウイに漬け込こむととても柔らかくなるとのこと。
キウイに含まれる、アクチニジンという酵素が
たんぱく質を分解して、お肉を柔らかくして
くれるんだそうです。

これなら特売のお肉も高級肉の食感に早変わりするかも。

本多先生おすすめキウイの食べ方

そして、本多先生流キウイの健康効果を引き出す
食べ方は「食前キウイ」です。

食事の前にキウイを食べると、
血糖値の上昇を抑える効果が期待できます。

今回、一般のモニターさん3人が
「1日2個の食前キウイ生活」に挑戦した結果。
1人の方は85.6cm→80.5cmに。
たった10日間で3人中2人のへそ周りが大幅ダウン。

他にも個人差はありますが
体重やウエストなどにも良い効果がでました。

本多先生流 キウイの超簡単アレンジレシピ


【フローズンキウイの作り方】

『材料』
キウイ→適量

『作り方』
1.キウイを輪切りにする
2.輪切りにしたキウイを冷凍庫で凍らせるだけで完成


【キウイスカッシュの作り方】

『材料』
キウイ→適量
ゴールデンキウイ→適量
炭酸水→適量

『作り方』
1.キウイを輪切りにする
2.輪切りにしたキウイを冷凍庫で凍らせる
3.凍ったキウイをサイコロ状に細かく切る
4.切ったキウイをグラスの半分くらいまで入れて、
炭酸水を入れる
5.ミントを添えてできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ