【サタデープラス】名医のお肌若返り&美肌の秘訣は枝豆!澤田彰史

枝豆

2016年7月26日放送の「サタデープラス」の
「ドクタープラス」は「拝見!名医の冷蔵庫
~この夏、肌と血管を若返らせのはコレだ~ 」

美肌・美白研究のプロ、形成外科医
澤田彰史ドクターの美肌のおすすめ食材は枝豆!
ゆで方のコツも

スポンサードリンク

形成外科医、澤田彰史ドクター

美肌・美白研究のプロ、形成外科医、澤田彰史ドクター。
実年齢42歳で、肌年齢は驚異の30歳。

著書は台湾版まで出版され、海外からも熱い注目を集める、
アンチエイジング研究のカリスマ的存在。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

そんな澤田ドクターがお肌のために食べている食材。

ちなみに独身という澤田ドクター。
男性の1人暮らしということで、
冷蔵庫は比較的小さめ。

だが、この中に肌若返りの最強食材が入っている。
美肌のプロの冷蔵庫を開けてみると…。

ビールまみれ。
なんと冷蔵庫の中には、
500mlのビールがぎっしり。

でも先生の美肌の秘密はビールではありません。

スポンサードリンク

化粧水や保湿クリームは冷蔵庫で保存

さらに冷蔵庫の中には
冷蔵庫の中に化粧水と保湿クリームが。

クリームとか化粧水の有効成分は熱に弱い。
なので特に暑い季節は外に置ておとくと
中に入っている有効成分が、熱で分解されるので、
できれば冷蔵庫に入れたほうがよいとのこと。

ところで、美肌食材はどこに?

美肌の秘訣は枝豆

冷凍庫をあけると大量の枝豆が。

そう、澤田ドクターの冷蔵庫で見た美肌の秘訣、
それは、今が旬の枝豆だった。

枝豆は食物繊維が豊富なのはもちろん、
ビタミンCとたんぱく質が同時にとれる珍しい野菜。
この2つを同時に取れば、
コラーゲンが生成されるのです。

そう、枝豆は、究極の美肌食材。
体内でコラーゲンを作る材料が、
この一粒にぎゅっと詰まっているんです。
美肌の名医も太鼓判。

でも皆さん、こう思いますよね。
-12歳肌の理由は、枝豆だけじゃないんでしょ、
お医者さんだし、日頃のケアもいいに決まってる。

というわけで新潟県へ。
新潟は枝豆の名産地であり、
消費量がなんと日本一なんです。

早速、毎日のように枝豆を食べているという
農家さんにお邪魔してみます。
皆さん、ちょっとを測らせてください。
まずは69歳のお母さんの肌年齢。
-56歳。
いきなり-13歳。
その後も、マイナス続出の美肌祭り。
今回、肌年齢を計測した16人中14人が、
実年齢より若い美肌という結果に。

栄養分を逃さない調理法

お肌若返りの最強食材、枝豆。
その栄養分を逃さないための大事なポイント。
それは調理法。

美肌に欠かせないビタミンCは、水に長時間さらすと、
その成分が失われやすくなってしまう。

そこでお勧めが、少ない水で調理する蒸し焼き。
こうすることで栄養価が失われにくく、
さらにうまみ成分も凝縮されるのです。

ちなみに新潟の枝豆農家では、枝豆の揚餃子や、
夏に涼しげな煮こごりなど、いろんなアレンジ料理が。
これなら毎日食べても飽きないですよね。

2日酔いを防ぐ効果も

さらに2日酔いを防ぐ効果もあります。

枝豆には、メチオニンというたんぱく質が
豊富に含まれていて、このメチオニンが、
肝機能を助けて、アルコールの分解を進めてくれるのです。

そうすると二日酔いになりにくくなりますので、
お酒のつまみに最高なのです。

夏のビールの相棒、枝豆。
この黄金コンビは、ちゃんと理にかなった
組み合わせだったのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ