【この差って何ですか?】睡眠をとっているのに疲れが取れないのは?

枕、睡眠

2016年7月24日放送「この差って何ですか?」で
十分睡眠をとっているのに朝起きた時
「疲れがとれている人」と「疲れがとれていない人」の差
がとりあげられました。

その差は寝る時の体勢なのです。

スポンサードリンク

十分睡眠をとっているのに朝起きた時
「疲れがとれている人」と「疲れがとれていない人」の差

睡眠クリニック院長の梶本修身先生に話を伺います

この差は…寝る時の体勢
1番疲れがとれる体勢は「横向き」です。

良く寝ても疲れが取れない1番の原因は「イビキ」。

イビキは主に仰向けで寝ている時に
重力によって緩んでしまった首の筋肉や脂肪が
気道を狭くすることによってかいてしまう。

眠ってる時に呼吸は4000回ぐらいするのですが、
(いびきをかくと)実は4000個の風船を
細いストローで膨らませてるようなもの。

そうなると眠っていても運動してるのと同じような状態に。

そうすると自律神経もかなり疲れてくるし
実際にそれによって疲れはとれない。

いびきを解消することが質の良い睡眠の一番よい方法。

しかし、「横向き」で寝ると、
気道が狭くならないために「イビキ」をかきづらくなるのです。

1番疲れがとれない体勢は「仰向け」。

「イビキ」をかくときに肺に
とても負担がかかってしまい、
風船を何千回も膨らませているのと同じくらい
体力を使ってしまうからです。

仰向けで寝た時と横向きで寝た時ときの差を実験

では仰向けで寝た時と横向きで寝た時と
それぐらい疲労度に差があるのか実験!

今回協力してくれたのは
いびきがひどいという20代~50代の男性5人。

ふだん寝ている様子を見てみると
確かにすごいイビキです

そして疲労度を測るのは
「披露ストレス測定システム」という機械。

指先から自律神経のバランスで疲労度を測定し、
基準値の2.0を超えると疲労度が高い状態
ということになります。

ではこの数値が、寝る前と起きた後では
どのくらいその差がつくのか実験しました。

寝る前の数値は5人中4人が基準値に2.0を
上回っていました。

そして寝返りを打ちづらくするために
腰の両サイドにウエストポーチを固定。

仰向けの状態で6時間寝てもらいました。

するといびきをかいていた時間は
2時間15分、2時間22分、3時間9分、1時間41分、1時間25分

特に成田さんは3時間9分と睡眠時間の半分もいびき
をかいていたことに。

そして寝た後の疲労度を計ってみると
成田さんは寝る前1.4→寝た後6.1に!
なんと4倍以上に。

スポンサードリンク

2.9→4.9
3.2→4.2
2.1→3.3
3.7→5.9
他の4人も全員疲労度が上がっていました。

実験2日目
寝る前の数値は
ほとんどの人が基準値の2.0を超え
少し疲れている様子。

そしてこの日は疲れがとれやすいという
横向きに寝てもらうため
腰の前後にウエストポーチを固定

横向きの状態で1日目と同じく
6間睡眠をとってもらいます。

すると意外な結果が!

いびきをかいていた時間は
32分、0分、42分、28分、16分

20代の篠原さんに至っては
全くいびきをかきませんでした。

寝た後の疲労度を計ってみると
1.6→0.9
3.2→1.0
2.1→0.8
3.5→2.3
4.2→1.4

あおむけの時には上がっていた疲労度が
横向きでは全員下がるという結果に!

横向きの方が疲れがとれる!

寝返りをうたないようにするには、
いびきの軽い人は、背中の方にだけでもテニスボールを入れた
ウエストポーチをして横向きでねると
いびきの回数が減るそうです。

横向きでも、「体の右側」を下にして
寝るのがおすすめとのこと。

「胃」の出口は右側にあるため、
消化を助け、身体への負担を軽減することが
できるから。

また、目覚めが悪くなる原因に「目覚まし時計」もあるとのこと。

「目覚まし時計」を使うと、音に驚かされて起きているので、
神経が過敏に反応し、どんなに質の良い睡眠をとっても
台無しに。

1番良いのは「太陽の光」によって
自然に起きること。

光で起きられる「目覚まし時計」も売られています。

ちょっと高いけど光で起きられる目覚まし時計↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ