【林先生の初耳学】生のしょうがは体を冷やす!ジンゲロールとショウガオール

蒸ししょうが

2016年7月31日放送の「林先生が驚く初耳学!」で
「しょうが」がとりあげられました。

体を温める食材として知られる生姜が、
実は体を冷やしてしまう?

スポンサードリンク

生のしょうがは体を冷やす?

この時期食べる機会が増えるそうめんや冷やっこ。
添えられる定番の薬味はしょうが。

食べると体を温めると女性に人気のしょうがですが…。

生のしょうがは…体を冷やす

身体を温めるといわれているしょうがが、
生のしょうがを食べると体を逆に冷やしてしまう
とは?

先生知ってた?それとも初耳?

初耳!

実はしょうがは体の芯から温める効果と
体の表面だけを温める効果の
2つがあります。
生のしょうがを食べると体の表面しか温まらす
体が冷えてしまうのです。

冷房などで冷えた体を少しでも温めようと
薬味に生の生姜を使うと逆効果になるおそれが!

ポイントとなるのは生姜に含まれる主な成分
「ショウガオール」と「ジンゲロール」

ショウガオールをとると
胃腸が刺激されて血流が上がり、
体の深部から熱が発生し
長時間体を暖める効果があるのですが、
ショウガオールは生の生姜には殆ど含まれていません。

というのは生姜を加熱することで
ジンゲロールがショウガオールに変化し
成分の殆どがショウガオールになるのです。

そして、生のショウガに多く含まれる
ジンゲロールの効果は
1.殺菌作用
2.コレステロール値を下げる
3.動脈硬化、脳梗塞の予防

などありますが、ジンゲロールは
体を冷やしてしまうんです。

スポンサードリンク

ジンゲロールは皮膚に近い血管を広げ
体内の表面温度を温める効果が。

しかし、ジンゲロールが体を温めるのは一時的。

摂取した後に冷たい空気に皮膚が触れると、
広がった血管の温度が低下。
それが体内に戻って
体を冷やしてしまうおそれがあるのです。



まとめ

これは聞いたことがあります。
健康番組でショウガが取り上げられることが多いですからね。

最近はしょうがというと酢しょうがを連想してしまいます。

私も作っていますよ↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ