【ガッテン】オクラで紙すき・紙作りの方法!自由研究に

オクラ

2016年7月27日放送の「ガッテン」で
「ネバネバオクラパワー」がとりあげられました。

ネバネバオクラパワーは食べるだけでなく
なんと紙も作れちゃいます。

自由研究にもどうぞ。

スポンサードリンク

オクラのネリ

和紙作りにはトロロアオイという植物の根から取りだす
ネリというトロトロ成分を使っています。

ネリは紙の繊維を均一にするため、
多く和紙作りで使われています。

このネリはオクラからも取り出すことが出来るのです。
これを利用して紙をつくることができます。

オクラで紙すきの方法

『準備する物』
オクラ→5本
牛乳パック→1個
紙すき用のざる
(ざるは粉ふるいのようなあみ目が細かいもの
のほうがきれいにできあがります)

ざるが入る大きめのボウルやバッド
水切りネット
ハサミ
ミキサー
めん棒や木づち

『作り方』
1.オクラをハサミで細かく切り、
水切りネットに入れて500mlの水に
2時間ほどつけておく

2.牛乳パックを開いて、
底の硬い部分や厚い部分を取り除き、
30分ほど鍋で煮込む。

柔らかくなったら、しっかりと水で冷まして、
両面についた薄いフィルムをはがす

スポンサードリンク

3.はがしたら手で細かくちぎったあと、
水を牛乳パックがひたる程度入れて
ミキサーにかける

このとき、かたまりがなくなるまで、
しっかりと細かくしておく

4.細かくなったら、めん棒や木づちなどで
ほぐすように10分~15分ほどたたく。
繊維が柔らかくなったらOK.!

オクラで紙すき

5.ボウルに水2~3リットルと、
柔らかくなった牛乳パックを入れる。
繊維がふわふわと浮いていたら
繊維が柔らかくなっている証拠。

6.水にひたしたオクラを水の中で
ぎゅっと絞ってネリを絞り出したら、
6のボウルに入れてしっかり混ぜる

7.ざるをボウルに入れ、繊維をすくう。
ざるを揺らしながら、しっかりと水を切るのがポイント。
ざるが真っ白になるくらい、
分厚くなるまで繰り返しすく。

オクラで紙すき

8.すき終わったらざるごと
風通しの良いところにおいて、
丸一日しっかり乾燥させる。

オクラで紙すき

9.はがすときはざるの網を裏側からおし、
紙をできる限りはがしておいた後、
端の方からゆっくりとめくるようにはがしていく。

10.はがし終わったら、端をハサミで整えてできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ