「ZIP!」台湾ラーメン味仙が東京神田にオープン!

台湾ラーメン味仙

2016年8月3日放送の日テレ「ZIP!」の「BOOMERS」のコーナーで
台湾ラーメン味仙が取り上げられました。

リピーター続出!
東京・神田に初進出した名古屋発祥の大人気ラーメン。
「台湾ラーメン味仙」を平田雄也さんが調査!

スポンサードリンク

大人気!台湾ラーメン味仙

名古屋の人なら知らない人はいないという
台湾ラーメン味仙(みせん)が東京神田にオープンしました。

【郭政良 味仙 東京神田店】

営業時間
昼 11:00~15:30(L.O.15:00)
夜 17:30~23:00(L.O.22:30)

定休日
日曜日・祝日

※注文は入口右手の券売機で食券を購入
※お札は1000円札のみ使用可能

8月2日の初日はオープン前から30人もお客さんが行列。

そんな台湾ラーメンの魅力を紹介。

東京神田店はJR神田駅北口→中央通りに出て左折
→約100m歩いたところにあります。

台湾ラーメン発祥の店。
味仙は56年前に名古屋でオープン。
唐辛子などを使った辛いメニューを出すお店なのです。

お客さんに感想を聞くと
「でらうま!止まらない」
「辛いけどまたすぐ食べたくなる」
「止み付き!」
などの声。

看板メニューは台湾ラーメン(800円)。
ゴマ油で味つけしたもやしの上に
スープに絡みやすい中太麺をのせ、
そこにしょうゆ、ラー油、にんにく、
唐辛子で煮込み、辛く味付けしたひき肉を
たっぷりのせ、さらにニラ、ねぎをトッピングし、
最後に鶏ガラスープをかけた激辛ラーメンです。

ちなみに台湾ではなく名古屋発祥のラーメンで
開発者の郭明優(かくめいゆう)さんが
台湾出身だったのが名前の由来。

台湾で小皿に盛って食べる「台仔(たんつー)麺」を、
激辛にアレンジして出したのが最初とのこと。

スポンサードリンク

食べ方は、かき混ぜて麺とからめて食べてください
とのこと。

平田雄也さんが試食。
「辛うま!癖になるのがわかる」
などといっていました。

台湾ラーメン(アメリカン)とは?

ちなみに台湾ラーメン(アメリカン)という
メニューもあるのですが、
どんなラーメンかというと



みためは普通の台湾ラーメンと同じなのですが、
辛さをおさえた台湾ラーメンなのです。

アメリカンとは味が薄いアメリカンコーヒー
から来ていて、ひき肉の煮汁を切ることで
辛さをおさえているのです。

これなら辛いのが苦手な人でも食べられるようです。

さらに夏にピッタリの台湾まぜそば(冷)もあります。

冷水で冷やした中太麺にゴマ油で味つけしたもやし、
しょうゆ、ラー油、にんにく、
唐辛子で煮込んだひき肉をたっぷりのせ、さらに卵の黄身
ニラ、ねぎをトッピング。
最後にしょう油、お酢などで作った特製だれをかけています。

こちらもおいしいようです。


味仙の味を通販で

お店に行きたくても行けない人は、
通販で取り寄せてみてはどうでしょうか?

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ