【あさイチ】口臭徹底撃退法!舌苔を取り除く&舌の体操

口・歯・口臭

2016年8月4日放送の「あさイチ」の「スマートライフ
蔵出し!」で「夏の気になる!口臭徹底撃退法」が
とりあげられました。

口臭対策として舌苔を取り除く方法や
舌の体操、舌のマッサージを紹介!

スポンサードリンク

夏、気温が上がってきて口の中が乾燥してくると
口臭も気になりますね。

鶴見大学歯学部付属病院 准教授の中川洋一さんに
その対策を教えていただきます。

口臭の原因:舌苔

1つ目のキーワード:舌苔(ぜったい)
舌の苔(こけ)と書きます。

口臭の原因として舌たいの占める割合
は非常に大きい。

舌たいは舌の上について白く見えるような、
こけに見えるようなもの。
細菌がたくさん増殖したような状態です。

舌の表面がざらざらしたような状態で
突起が出ていて、
突起の間はへこんだような状態になっています。

そこには食べ物のかすや粘膜がはがれたような
そんなものがたまっています。

そこに菌がたくさん住み着いているわけです。

その菌は上皮細胞や粘膜細胞。
それが食べ物のかすを栄養にして
そこで暮らしています。

その細菌の出すガス。
例えば、硫化水素などが口臭の原因になっています。

口臭対策としては舌の上の舌たいを
除去することが非常に大切。

舌たいは一日のうちでは朝が
いちばんたくさんついている状態。

舌たいを取り除くために今は
舌専用のブラシが売っていたりします。
いろいろなタイプのものがあります。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

スポンサードリンク

ガーゼで舌苔をとり除く

歯ブラシでもいいし、専用の舌ブラシでもいいのですが、
身近なもので手軽に行うこともできます。

それはガーゼ。


【ガーゼを使ったケアの仕方】

1.15㎝ほどのガーゼを水に濡らし、
軽く絞る。

2.ひとさし指に巻き付けて、
舌の表面を前後左右に色々な方向にこする。

ガーゼは縦横に折ったような状態になってるので
いろいろな方向にこすると汚れをよく取ってくれます。

突起がガーゼには出ているので
それで十分にこすって突起で
取ってあげることが必要です。

ケアは1日1回
あまり気にならない人であれば2日に1回くらい。

口臭の原因:ドライマウス

2つ目のキ-ワード:ドライマウス

口がかわくというのは正常な人でも
かわいたりします。

けれどもドライマウスは
日常的に慢性的に口がかわいて、
痛みで日常生活に支障をきたして
しまうという状態をいいます。

更年期と更年期以降の女性の方にも
よく見られる症状です。

唾液の成分で細菌を洗い流したり、
抗菌作用がありますが、
その唾液の量が減ると口の中の汚れが増え、
細菌が増えると口臭につながります。

なので、唾液の分泌を促すことが大事です。

舌の体操&マッサージ

東京医科歯科大学の
息さわやか外来診療科長・川口陽子さんによると、
口の乾きを解消する簡単な方法があるとのこと。

それは舌の体操です。

唾液は主に唾液腺から伸びる管を通って、
口に運ばれます。
なので、この管を刺激することで
唾液の分泌が盛んになるのです。


【唾液の分泌を促すエクササイズ】

1.下でほおを押しながら
舌を上下に動かす(左右5回ずつ)
ほおの脇にある管を刺激します。

2.歯ぐきをなぞるように、
左右1周ずつ舌を動かす。

ふだんからよくかんで食べることも
口臭の予防につながります。


【舌のマッサージのやり方】

続いて3か所ある唾液腺「耳下腺・顎下腺・舌下腺」を
マッサージします。

1.耳の横付近にある耳下腺をマッサージ。
3本の指で上の奥歯のあたりを
後ろから前へ10回押す。

2.顎下腺をマッサージ。
耳の下からあごの下まで
少しずつ動かしながら10回押す。

3.舌下腺をマッサージ
突き上げるようにあごの先を10回押す。

これでしっかりと唾液が分泌されるようになり、
臭いの原因となる細菌を洗い流してくれます。

ドライマウスの対策としては他には
かむことが大切。

かまなくなると唾液が減るので
ふだんからしっかりかむことが大事です。

まとめ

歯磨きも大事なので、
歯磨きをしたあとに
舌苔を取り除くのがいちばんいいようです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ