【きじまりゅうたの小腹がすきました!】ダブルお好み焼きの作り方!

きじまりゅうたのお好み焼き

2016年5月8日 NHK放送の「きじまりゅうたの小腹がすきました! 」
の 第2回「よくばり!ダブルお好み焼き」。

8月5日に再放送されましたので紹介します。

スポンサードリンク

よくばり!ダブルお好み焼き


【ダブルお好み焼きのレシピ】

きじまりゅうたのお好み焼き

『材料』(1枚分)

(タネ)
お好み焼き粉→50g
卵→小1個
水→50ml

(具材)
キャベツ→50g
紅ショウガ→大さじ1
納豆→小1パック(20g)
※納豆はカルシュウムやビタミンKも豊富で
骨粗しょう予防に

豚バラ薄切り→30g
切り餅→小1パック(20g)
ピザ用チーズ→10g

細ねぎ→2本
マヨネーズ→適量

揚げ玉→大さじ1
サラダ油→大さじ1/2

(自家製お好み焼きソース)
中濃ソース→大さじ2
ハチミツ→大さじ1
ケチャップ→大さじ1/2
めんつゆ(3倍)→大さじ1/2

『作り方』
1.キャベツを千切りにする。

2.ボールにお好み焼き粉と水と卵を入れて
まぜればタネは完成。
(あんこ焼きに使うので大さじ3とっておく)

3.さらに紅しょうが、よく混ぜた納豆を入れて混ぜる。

納豆でフワフワの食感に
(山芋のかわり)

4.フライパンを熱し、サラダ油を入れて
③のタネを流し入れる。

5.④の上におもち、チーズ、豚ばら肉を乗せる。

6.底面に焼色がついたら裏返す。
この時フライパンを傾けると裏返しやすい。

7.その後ふたをして弱火で10分ほど焼いていく。

8.ソースはハチミツ、ケチャップ、めんつゆ、
中濃ソースを混ぜれば特製ソースが完成。

お好み焼きに特製ソースをかけ、
お好みでマヨネーズ、細ねぎをトッピングしていただきます。

スポンサードリンク



あんこ焼きのレシピ

「お好み焼き」のルーツは
千利休と言われているそうです。

利休が茶会の時に出していた
小麦粉でできた茶菓子「ふの焼き」がルーツ。

そこで、残していたタネで
ふの焼き風スィーツを作ります。


【あんこ焼きのレシピ】

あんこ焼き

『材料』(1人分)
タネ→大さじ3
水→小さじ1
粉末緑茶→小さじ1
小倉ようかん(つぶあん)→40g
ドライフルーツ(マンゴーなど)→7~8g
サラダ油→適量

『作り方』
1.耐熱の入れ物にようかんをつぶして水を加える

2.600Wの電子レンジで30秒加熱する。

ようかんがあんこ風に!

3.粉末緑茶を水(分量外)で溶きタネに加える。

4.フライパンを熱し、サラダ油を引き、③の生地を少し流し込み、
小さな円(まる)をつくる。

5.④の上に②のようかんと細切りしたドライマンゴーをのせる

6.くるっとまるめたらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ