「この差って何ですか?」足がよくつる人とつらない人の差は汗!水分補給が大事

足がつる

2016年8月7日放送の「この差って何ですか?」で
「足がよくつる人とつらない人の差」がとりあげられました。

夜寝ている時に足がつるとそんなに長い時間ではないのですが、
つらいですよね。

他の病気が隠れていることもあるので要注意です。

スポンサードリンク

「足がよくつる人」と「足がつらない人」の差

足がつる原因について解説してくださったのは、
帝京大学医学部付属溝口病院客員教授の出沢明先生。

夜寝ている時にふくらはぎがつってしまった
経験ありませんか?

その一方でまったく足がつらない人もいるのです。

足がつる原因としては
加齢や筋肉疲労もあげられますが、
ほかにも意外な原因が…。

「足がよくつる人」と「足がつらない人」の差は

この差は…汗を多くかいたか かいていないか どうか

まずは、足の筋肉がどのように動くのかそのメカニズムです。

脳からふくらはぎに「足を動かしなさい」という指令が送られます。
それによって、筋肉が収縮し、足が曲がります。

この筋肉を動かすときに非常に重要になるのがマグネシウムイオン

しかし、これは汗とともに体の排出されてしまいます。

そうすると、脳からふくらはぎへの指令が鈍って
ふくらはぎにうまく伝わらなくなってしまうのです。

この時、筋肉が誤作動し、必要以上に縮んでしまいます。
これが、足がつるという現象なのです。

なぜ寝ている時につりやすい?

寝ている時は足が下を向いた状態で寝ていることが多いです。

つまり、つま先が下を向いていると、
ふくらはぎの筋肉が縮んだ状態に。

ここに間違った指令が入ると
より足がつりやすくなるのです。

足がつってしまった時の対処法

足がつってしまった場合は、
まずはリラックスさせることが大事。

そのために、足のつま先を体側に引っ張って、
筋肉を伸ばしてあげる。

急にやると筋肉の痛みが強く出るので、
ゆっくりと伸ばすのがコツです。

スポンサードリンク

足がつらないようにする予防法は?

足がつらない予防法としては
寝る前に水分補給をすること。

特に、マグネシウム入りミネラルウォーターが有効的。

マグネシウムが入っているミネラルウォーター
といえばコントレックスです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

水分補給しても足がつるのは?

水分補給をしっかりしているのに、
足がつってしまう人は、他の病気の可能性も。

足がつる症状で可能性のある病気↓

・椎間板ヘルニア
・動脈硬化
・脳梗塞
・心筋梗塞
・糖尿病

スネがつるという人は、椎間板ヘルニアや
狭窄症の可能性も考えられるので、
詳しく調べもらったほうがよいそうです。


感想

私も時々足がつります。
なぜか右足だけいつもなるんですよね。

でも、汗が原因とは思いませんでした。

まめにコントレックスで
水分補給したいと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ