【この差って何ですか?】飛蚊症の原因は近視と老化!レーザー治療も

視力回復

2016年8月7日放送の「この差って何ですか?」で
「飛蚊症になりやすい人」と「飛蚊症になりにくい人」の差
がとりあげられました。

保険適用外ですが、レーザーで症状を軽くすることもできます。

スポンサードリンク

飛蚊症とは?

飛蚊症とは視界の中に、ゴミや虫のようなものが
飛んでいるように見える症状のこと。

蚊が飛んでいるように見えることから、
飛蚊症と呼ばれています。
視線を変えても一緒に移動し、
消えることはありません。

飛蚊症について教えてくれるのは
品川近視クリニック副院長の湯川聡先生。

「飛蚊症になりやすい人」と「飛蚊症になりにくい人」の差  
大きく分けると2つあります。

1つ目の原因は老化

60歳以上の人は、3人に1人が飛蚊症であると
言われています。

目の中には、硝子体(しょうしたい)という
ゼリー状のものがつまっています。

年齢を重ねるにつれて、
この硝子体は濁りが生じてきます。

そうするとこの濁りに光が入った時に影となり、
蚊が飛んで見えるようになります。

2つ目の原因は近視

近視の人は、近視でない人と比べて硝子体の奥行きが
グッと後ろに伸びるような形になってきて
近視になってることが多い。

そうすると硝子体と網膜との接着部位が
部分的に引っ張られる力が強くなってきます。

スポンサードリンク

だんだん引っ張られていくとある時
硝子体と網膜が外れてしまう。

そうすると硝子体の網膜との接着部分だった場所に
シワができてしまう。

外から入ってくる光がシワが邪魔をする形で
影が出来てしまうのです。

これは年齢に関係ないので、
若い人でも飛蚊症の人は多くいるようです。

そのほとんどの人が近視だとのこと。

飛蚊症の治療法は?

飛蚊症を完全に治すことは難しいそうです。

けれども最近ではレーザーで硝子体の濁っている部分を
分散させることも可能になってきています。

そのため、症状を軽くすることは可能。

しかし、日本ではまだ治療できる施設が
あまりないそうです。

しかも、飛蚊症のレーザー治療は保険適用外です。

海外で行う場合は100万円もかかることも。

品川近視クリニックでは、15万円程度~(初回・片目)
※ただし、複数回の治療が必要な場合もあります
※症状によっては受けられない場合もあります。

重大な病気が隠れていることも

また、飛蚊症に似た症状でも
重大な病気が隠れていることもあるとのこと。

陰が薄い場合や小さい場合はよいようですが、
影が濃くなったり、いきなり数が増えたり、
視野がかける症状がでる場合は注意が必要です。

影が濃い場合は、眼底出血や網膜剥離の可能性も。
医師の診断を受けることをおすすめします。



感想

わたしも強度の近視なので
飛蚊症がけっこうひどいです。

右目が特にひどいんですよね。

でも、レーザー治療は片目で15万円以上も
かかるんですね。

もう少し安くならないのでしょうか…。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ