【主治医が見つかる診療所】鼻呼吸で免疫力アップ!あいうべ体操も

口呼吸の女性

2016年8月8日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「粘膜バリアを強くして免疫力アップ 」

その中の”口呼吸から鼻呼吸に変えて
免疫力をアップ”を紹介!

あいうべ体操も。

スポンサードリンク

免疫力をチェック!


【免疫力チェック】

1.目が乾きやすい
2.口内炎ができやすい
3.休みの日はカゼをひきやすい
4.タバコを吸っている
5.肌の調子が悪い
6.起きた時喉が痛む
7.慢性の便秘、または下痢

7問の項目のうち1つでも当てはまる人は、
要注意。
免疫力が低下しています。

免疫とは、外からくるウイルスなどに対して
体を守るシステム。

もう1つは自分の体の悪いものからも
守ってくれています。

特に重要なのが粘膜で、
外に触れる場所には粘膜があり、
細菌やウイルスの侵入を防御してくれています。

粘液が足りないと、細菌やウイルスが体内に
侵入しやすい状況となります。
なので、粘膜バリアを健康にすることが大事。

福岡市のみらいクリニック院長の今井一彰先生。
免疫力アップの著書を数多く出しています。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

免疫力をアップするために重要なことは?

免疫力をアップするために最も重要なこととは?
と今井先生にお聞きしました。

今井先生「口呼吸を鼻呼吸に変えると
免疫力アップします。
免疫力アップに必要なことは口をしっかり閉じて肌で息をする」

本来人間は鼻で吸って、口で吐くというのが当たり前。

スポンサードリンク

口で呼吸をすると、口やのどの粘膜を乾かし
ウイルスや細菌に侵入されやすくなってしまう。

1日1リットルも鼻水を出していて、
これは鼻で呼吸する際の加湿に使われているのです。
それでウイルスや細菌を食い止める事が出来るのです。

また口は1個で、鼻は2個、穴があります。
これが最大のメリット。
鼻呼吸は鼻は両方同時に呼吸をしているわけではなく、
どちらか一方で呼吸をしていて2~3時間おきに
交互に呼吸をしています。
これによって常に粘膜が潤った状態と
なっているのです。

口呼吸をすると口の粘膜が乾燥するだけでなく、
気管支ぜんそくや花粉症など、
いろいろな病気を引き起こす可能性があります。

60代女性は10年間いろいろな症状に悩まされていて、
風邪をひきやすい、咳がひどい、顎関節症、
半年に一度は肺炎になっていたそう。

70代女性も約4年間、重い花粉症で
いつも鼻水が出ていて、口呼吸を
していました。

鼻呼吸に変えたところ
60代女性は、鼻呼吸にしてから9年半、
肺炎になっていない、
顎関節症なども治ったという。

重い花粉症の70代女性も、鼻づまりがなおって
夜眠れるようになったそうです。

これらの話は他人ごとではなく
現在では口呼吸になっている人の割合が
どんどん増えているのだそう。

ほとんどの人が自分が
口呼吸をしているとは思っていません。


【口呼吸チェック】

1.無意識に口が半開きになっている事がある
2.唇がよく乾く
3.いびきや歯ぎしりがある
4.起床時に喉が乾燥したりヒリヒリする事がある
5.口臭が気になる事がある
6.おしゃべりや歌が好きで声を出す事が多い

※1つ以上で口呼吸の可能性あり

とくにいびきは口呼吸をしている例だという。

口呼吸を鼻呼吸に変える方法

先ほどの口呼吸の女性たちは
どのようにして鼻呼吸に変えたのでしょうか?

【口呼吸を鼻呼吸に変えるポイント】

「四白(しはく)」というツボを押す
四白というツボを押すことで、鼻の通りがよくなります。

四白は、目のふちから指の幅2本程度下の、
ややへこんでいる部分。
人差し指で約10秒押し続ける事を2~3回繰り返すとよい。

眠る時に口をテープで固定する
寝ている時は無意識なので口呼吸を変えるのはむずかしいですね。

なので、眠る時に、口を軽く閉じてからテープを貼って
強制的に口を閉じる事によって鼻呼吸にする。

あいうべ体操
口の周りの筋肉を鍛える事で口呼吸になるのを防ぐ。

あ → 口を大きく開く
い → 横に口角を広げる
う → 口を尖らせる
べ → ベロを下に突き出す

※4つの動作を1セットとして、
4~5秒かけて行う。
1日30セットが目安。

口呼吸の人は、ベロの先が下の歯の裏にあたっている。
鼻呼吸だと、上部分に当たるという。

福岡市立北崎小学校ではあいうべ体操を実施しています。
効果として、カゼをひきにくくなった
などの声があがっています。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ