【がっちりマンデー】ハイジのCMの「家庭教師のトライ」の人気の秘密!

家庭教師

2016年8月14日放送の「 がっちりマンデー」は
『CMでよく見る「あの」会社の秘密に迫る!』

ここでは家庭教師のトライをとりあげています。

アルプスの少女ハイジのCMを使っている理由や
人気の秘密を紹介!

スポンサードリンク

アルプスの少女ハイジのCMのトライ

懐かしの大人気アニメ「アルプスの少女ハイジ」
のキャラクターを使った、なんともコミカルなCMでお馴染みなのが
「家庭教師のトライ」。

しかし、一体何で家庭教師の会社がこんなCMを作ったのか?

その謎を探るべく東京・千代田区の株式会社トライグループの本社へ。
お出迎え頂いたのは広報責任者の物部晃之さん。

ハイジのCMを作ったのはふざけているわけではなくて
親御さん世代に子ども時代思い出してもらうため。

できるだけ当時のアニメをを使うとうのがポリシーで
ストーリーに合った映像を探すのが大変。

当時のアニメを使い、音声は新しく収録。

ムービー編では実に8話分のアニメを組み合わせて
15秒のCMを作成。

そのCMの効果は
年々1.3倍から1.4倍のペースで生徒も増えているそう。

「アルプスの少女ハイジ」を使用した4年前から
生徒数は年々4割アップと増え続け、
今ではなんと10万人に到達。

しかし株式会社トライの急成長の立役者は
「アルプスの少女ハイジ」ではなく
一緒に映っているスーツ姿で七三分けの
キャラクターの男性「教育のプロ トライさん」といいます。

教育プランナーとは?

つまり家庭教師のことだと思いきや
「トライさん」は様々な相談に乗ったり励ましたりするプランナー。

トライさんは家庭教師ではなく
教育プランナーという別のお仕事の人なのです。

教育プランナーの最大のミッションは
先生と生徒のマッチング。

家庭教師や教室を使った個別指導の場合、
一番大切なのが生徒と先生の相性です。

これが良いか悪いかで成績にも影響。
先生を嫌い、生徒を辞めてしまうなんてことも。

そうなるとトライも儲からないし、
評判も悪くなります。

先生は教育プランナーが選ぶのです。

選ぶにあたって
トライでは性格を診断するシステムを設けています。

トライでは17問の質問に答えることで
勉強に関わる性格を分析してくれる
トライ式性格診断というシステムがあります。

これを使って生徒を成功追求型や楽天家型、統率者型、
完璧主義者型、知識探求型、面倒見型、堅実家型、
個性派型、のんびり型の9つのタイプに分類。

温厚で優しい堅実家型の生徒には
効率のいい授業計画を提案してくれる先生。

のんびり型には相性ピッタリのおだやかで
簡潔な説明が得意の先生といった感じで
教育プランナーが選ぶのです。

さらに教育プランナーは学期末などの節目になると
必ず家庭訪問をしています。

勉強の進み具合や成績などを元に、
必要とあれば先生を変えることも
教育プランナーのお仕事。

トライグの教育プランナーは全国に約1000名。

いつも生徒と先生の相性に気を配っているのです。

スポンサードリンク

プロの教師の存在も重要

さらにトライにはもう一つ生徒や親御さんのハートを
がっちりつかんでいる存在がいます。

トライにはプロの教師がたくさんいるのが特徴。

そもそも家庭教師は優秀な大学生の
アルバイトということがけっこう多い。

しかしトライグには家庭教師を職業とするプ
ロの方が1万人以上も在籍しているのです。

例えば中学2年生の生徒さんに英語を教える
プロ教師歴13年の山田暢彦先生。

山田暢彦先生は17年間の
アメリカ暮らしで発音は本場仕込み。

英語能力の試験TOEICは2年連続満点。

立ち上がって実践スタイルの会話トレーニング。

こうした学校の授業とは違うスタイルと
ツボを押さえた押さえ方で生徒から大人気。

気になるのは授業料。
一般の先生は1時間4000円くらい、
プロ教師はその倍の8000円以上。

プロの教師はなんと倍以上。
それでも半年待ちという人気ぶり。

生徒を教えるスペシャリストと
生徒を支えるスペシャリストがいるから
トライますますがっちりいきそうです。

感想

教育プランナーという人がいるとは初めて知りました。
1対1の指導だから先生と生徒の相性が合わないと
困りますもんね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ