【サタデープラス】いびき防止&無呼吸症候群を解消するチューブ“ナステント”!

枕、睡眠

2016年8月20日放送の「サタデープラス」のDr.プラス
「知っているだけで必ず役に立つ!医療の最前線大公開」

この中で「いびき&無呼吸を解消する600円の
チューブ“ナステント”」の紹介!

スポンサードリンク

いびき&無呼吸を解消する600円のチューブ“ナステント”

いびき&無呼吸症候群対策に600円のナステントという商品を紹介。

すでに一般医療品として販売しています。

開発期間7年、研究費5億円をかけてつくられました。
シリコン製チューブ型の医療機器。

開発したのは、ベンチャー企業の阪根さん。
5億円もかけてこれを開発しようと思ったきっかけは。
ご自身の大きないびき。
しかも、重症の無呼吸症候群患者で、
CPAPといわれる、呼吸器を8年ぐらい愛用していました。

しかし、出張などに大きな機材は持っていけず、
困っていた阪根さん。

そこでなんとか持ち運べるものが出来ないかと、
自分で開発を始めたのだそうです。

気になるのは、このチューブの使い方。
これを寝る前に鼻の穴に入れます。
最後、ノーズクリッパーで留めます。

ほんの少し、慣れるまで3日、4日はかかるが、
一回慣れてしまえば平気だという。

ちなみに、長さや硬さ、さらには合う、
合わないなど個人差があるので、
購入前に調剤薬局で試すことができるそうです。

いびきに悩む男性にナステントを
試してもらいました。。

電車と同じ騒音並みのいびきで、
無呼吸症候群も発症している男性ですが、
多少、イビキはかくものの
軽減されていました。

なぜいびきに効果があるの?

なぜナステントがいびきや無呼吸症候群に
効果があるのでしょう?
それはいびきのメカニズムにありました。

そもそも、いびきは鼻からのどにかけての気道が
狭いほどかきやすくなるもの。

睡眠中に筋肉がゆるみ、気道が狭くなったところに
空気が通ると、振動していびきが発生。

ナステントは、その空気の通り道を
確保するためのチューブなのです。

スポンサードリンク

どんな人がいびきをかきやすい?

一般的には般的には、太った人が気道が
狭くなりがちだといわれています。

しかし、イビキをかきやすい人には、
ほかにも大きな特徴があるんです。

あごの細い人とか、小顔の人は、
空気の通り道の気道が細い、
狭い人が多い。
なので、イビキをかきやすいのです。

イビキをかきやすい人の特徴。

・太っている
・あごが細い
・小顔

ナステント

ナステントはこちらの記事にものせています↓

快眠家電&グッズ売り上げランキングベスト10!【WBS】

ナステントはネットで購入できます↓

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。


感想

この日の別記事↓

【サタデープラス】最新医療!不老長寿物質“NMN”、心臓移植に“細胞シート”、痛くない注射針

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ