腸内ダイエット!太らない腸の作り方! 大竹真一郎医師【バイキング】

ダイエット

2015年12日10日放送のフジテレビ バイキングひるたつのコーナーで、
おおたけ消化器内科クリニック医院長の大竹真一郎が、太らない腸の作り方を解説!

食生活に気を使っているのに、運動もしているのになぜか痩せにくい。
そんなあなた!
原因は腸内環境にあるかもしれません。

2015年にマサチューセッツ総合病院が発表した研究によると
腸内環境によって、太りやすくも痩せやすくもなることがわかったのです。

スポンサードリンク

腸内環境をよくすればやせやすい体に

人の腸の中には、善玉菌と悪玉菌があります。

善玉菌には、人が消化できない食物繊維を消化させ、
体に必要な栄養素を作る働きがあります。

悪玉菌には、悪い病原菌を退治してくれる役割があるのですが、
悪玉菌が増えてバランスが崩れると、
善玉菌の働きが抑えられてしまうのです。

その結果、栄養をエネルギーに変える効率が悪くなってしまい、
内臓脂肪が増えて太ってしまう。

さらに、食欲のコントロールがうまく働かなくなり、
必要以上に食べてしまうため、
結果太りやすくなってしまう…。

逆に言えば腸内環境をよくすることができれば、
やせやすい体を手に入れることができるのです。



太る腸内環境になる3つの原因

1.年齢
食生活をある程度気をつけていても、中年以降になると悪玉菌が増え、善玉菌が減ってしまう。

その結果、同じ生活をしても中年以降は悪玉菌が増えやすい。

2.ストレス
NASAの研究データによると、ストレスがかかると悪玉菌が増えてしまう。

しかも、悪玉菌が増えるとよりストレスを感じやすくなり、悪循環に陥って太りやすくなってしまう。

3.食生活
年齢やストレスの要因を取り除くのはなかなか難しいもの。

そこで重要になってくるのが、食生活。

食生活を変えることで、腸内に善玉菌を増やし、悪玉菌の増加を減らす。

その結果、痩せやすいたい体質を作ることができます。

スポンサードリンク

腸内ダイエットの方法

Q.腸内ダイエットにおすすめなのはどっち?

生のフルーツorドライフルーツ

A.おすすめはドライフルーツ。

ドライフルーツは食物繊維が豊富。

食物繊維は善玉菌の働きを活性化させるので、痩せやすい体質につなげることができます。

食物繊維の量を比較すると干しブドウは生のブドウに比べて約8.2倍に増えます。
バナナも約7倍、柿も約13倍に。

ほとんどはドライフルーツの方が食物繊維は多い。

ただし、イチゴは例外で生のほうが食物繊維が多いので生で食べるのがおすすめ。




【腸内から痩せやすい体になるポイント】

食物繊維のバランス
食物繊維には水に溶けやすいと水溶性食物繊維と水に溶けにくい不溶性食物繊維の2種類があります。

理想的な摂取バランスは、水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2。

水溶性食物繊維(オクラ、とろろ、海藻類、キウイなど)
不溶性食物繊維(キャベツ、レタスなど)

不溶性食物繊維は便をより固くしてしまって便秘につながることもあるので、
水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2のバランスを守るとよいです。

【痩せやすい体を作るきのこ】
きのこは、とても食物繊維が豊富で腸に適しているそうです。

きのこの中でも特に「しめじ」がおすすめ

中が白外が青それはしめじには、ビタミンDが豊富に含まれているから。

ビタミンDは、善玉菌を増やしてくれる効果があります。

ビタミンDの摂取量が少ない人は直腸がんをおこしやすというデータもあるとのこと。

ビタミンDの量を比較すると(※100gあたり)、
しめじ4.0μg/しいたけ2.0μg/エリンギ1.8μg/えのき0.9μg/なめこ0.4μg

きのこをとるならしめじがおすすめです!




【知っておきたい腸知識】

断食は腸内環境に悪影響!
断食は食生活を改めるきっかけになるのでいい面もあるが、実は腸内環境にはあまりよくない。

腸壁が薄くなる
食事を全くとらないと、腸の壁が薄くなってしまう。

そうすると、腸内の悪い細菌や毒素が、腸壁を越えて他の臓器に移ってしまう可能性があるといわれているんです。

食物繊維が摂取できない
断食をすると、食物繊維を摂取できないため善玉菌の働きが抑えられてしまう。

その結果、太りやすい体になってしまう危険性があるとのこと。

大竹先生によると、1日ぐらいのプチ断食ならよいそうです。
1週間くらいの長い期間の断食はやめたほうがよいのこと。

断食はダイエット面ではいいものの、腸内環境面ではおすすめできないとのことです。




【知っておきたい腸知識】

チーズは種類によって腸に与える効果が違う?!
チーズは発酵食品なので、善玉菌が増えるということでお腹にとってはいいのですが、注意が必要。

チーズにはナチュラルチーズとプロセスチーズがあります。

ナチュラルチーズ(カマンベール、モッツァレラ、チェダー、ブルーチーズなど)は乳酸菌など腸に良い菌が生きたままになっています。

プロセスチーズは、加熱処理をして作っているので発酵が進んでいないため腸に良い菌は少ないとのこと。

なので腸内環境のためには、ナチュラルチーズを選んだほうがよい。




【悪玉菌の働きを高め太る腸内になる食品】

赤い肉(赤身肉)
赤い肉とはもともと筋肉の色が赤い、牛肉や豚肉、羊肉のこと。

悪玉菌のエサになる食品で、これらの肉は大腸がんの危険因子であるとも言われているそうです。

鶏肉や魚はO.Kとのことです。




【太りやすい腸内環境になる理由】

間食の多さ
間食が多いと腸内環境が悪くなるというネズミによる実験のデータもあるそうです

トータルが同じカロリーでも、食事回数が多い場合と、回数が少ない場合とでは、前者が太りやすい腸内環境になってしまうとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ