【林修の今でしょ!講座】もったいない!枝豆やオクラなど夏野菜の正しい調理法

野菜

2016年8月23日放送の「林修の今でしょ!講座」で
「ただ食べているだけじゃもったいない
夏野菜の効果を最大限に引き出す(秘)方法 」

トマト、オクラ、枝豆、にんにく、ナスといった
夏野菜の正しい調理法や食べ方の紹介!

岸村康代先生に教えていただきます。

スポンサードリンク

岸村康代先生

岸村康代先生は、
管理栄養士でシニア野菜ソムリエ。

野菜中心の食生活でー13kgの
ダイエットに成功したそうです。

16年前の写真が出ましたが、
今の方が若々しいですね。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

夏野菜の効果を最大限に引き出す方法


【オクラに水を入れて夏太り対策】

食物繊維を増やすには切ったオクラを水に浸すと良い。

切って水に浸すことで、オクラの水溶性食物繊維が
外に出やすくなます。

オクラは切ってねばりを出した方が、
より多くの栄養素を摂取できます。

オクラのネバネバについては
こちらの記事にも書いています↓

【ガッテン】超ネバネバオクラのレシピ!血糖値を抑えダイエット効果も

岸村康代先生おすすめがオクラを麺つゆに入れた
オクラそうめん。

めんつゆにオクラを入れることで食物繊維が溶け出すため、
無駄なく栄養素を摂ることができます。

オクラをそうめんなどの炭水化物と一緒に食べると
約3割血糖値の上昇をおさえたという研究があります。

オクラは細かく切って水分に浸して食べる




【枝豆はゆでずに肝機能UP!】

アルコールが原因で体内にたまった
アンモニアを分解する働きがあるのが
枝豆に多く含まれるオルニチン。

しかしこの成分はお湯の中に溶けだしやすい。
ゆでると栄養が溶け出てしまう。

蒸し枝豆の調理法
フライパンにコップ1杯の水を入れ約5分蒸す

また、蒸すと50℃~70℃くらいで
うま味成分の分解が進みやすく甘みやうま味も強くなります。

栄養だけでなく味も、蒸し枝豆のほうが
甘みがでて格段においしくなります。

肝臓に良いオルニチンを逃がさない方法
枝豆はフライパンで5分蒸す



スポンサードリンク


【トマトは赤いものを選べば肌にいい】

トマトには夏の紫外線から肌を守る成分が多く含まれています。
トマトは選び方を間違えると、肌を守る成分が少なくなってしまうという。

トマトは真っ赤なものを選ぶと良い。

トマトの赤い色素、リコピンには
紫外線から守る役割があるので、
シミの予防になったりコラーゲンの形成を助けたり
美肌におすすめの成分。。

トマトは完熟すればするほど
リコピンが多く含まれています。

肌に良い成分を多くとるなら真っ赤なトマト

放射線状の線が入っているトマトは
水分を減らして糖度が上がっているトマトなので
おいしさという観点からだとおすすめとのこと。

紫外線から肌を守りたいなら真っ赤なトマト、
味が良いのを選びたいなら
放射状に線のあるトマトを選ぶとよい。



【ニンニクは切ってすぐ使えばスタミナUP!】

アリシンを逃がさずとるには切ったらすぐに調理する

なぜすぐに調理した方がいいのかというと
ニンニクの切り口から空気中に
スタミナ成分が逃げてしまうため。

にんにくは免疫力の向上やスタミナアップにつながる
アリシンという成分が野菜の中でもトップクラス。

アリシンはビタミンB1と結びついて
疲労回復効果を維持してくれます。

しかし、アリシンは揮発性なので
切るとすぐに空気中に成分が逃げてしまうので
切ったらオイルでコーティングするのがおすすめ。

また、切り方としてはみじん切りすることで
細胞が細かく分かれ、アリシンが作られやすい。

にんにくの簡単な皮のむき方

にんにくの皮を簡単にむくには、
まず、1かけずつに分けます。

そのあと瓶に入れ、ふたを閉めて約20秒振るだけ。

すると実と皮の間に摩擦が生まれ、
皮がはがれやすくなり、
簡単にむくことができます。

また、ニンニクは皮からカビが生えやすいため、
皮をむいて保存するのがよいとのこと。


【ナスは切ってすぐに使えば夏バテ予防】

夏バテを予防する抗酸化成分を多く含むナス。

この抗酸化物質を逃さず食べるには、
切って水にさらさずにすぐに調理。

ナスを水にさらすと変色を防ぐことができるが、
抗酸化成分は水に溶け出てしまう。
切ってすぐに使うことで、
抗酸化成分を余さず摂ることができます。

また、ナスはスポンジ状の性質を持っているので
油をとても吸いやすい野菜。

ナスの油を吸いにくくする裏技があります。

電子レンジで2分加熱するだけで、
ナスのスポンジ部分の目がつまり、
油を吸いにくくなります。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ