【主治医が見つかる診療所】手足が冷たくない内臓型冷え症の改善法!

冷え性の入浴法

2016年8月22日放送の「主治医が見つかる診療所」は
「夏の疲れ完全回復SP 」

その中の手足が冷たくない
内臓型冷え症の改善法について紹介!

スポンサードリンク

手足が冷たくない冷え症とは?

北里大学の身体の冷えを研究してきた伊藤剛先生。

ここ数年不思議な冷え症を訴える患者さん
が多く来院するそうです。

冷えを訴えているのに手足を触ると温かい。
そこで伊藤先生は体のあちこちの温度を測ると、
体の中心部が冷えている、
つまり内蔵型冷え症だことがわかったのです。

体温を調節する働きが衰えて内臓の温度が低下
主に腹部を中心に冷えを感じる症状。

通常の冷え症とは違い、
手足の温度は変わらないため
発見する事が難しいやっかいな冷え症なのです。

この内蔵型冷え症の原因は
交感神経が弱いため。
自律神経のバランスの偏りだという。

自律神経は交感神経と副交感神経が
バランスをとって体の機能を調節しています。

しかし、交感神経の働きが弱くなりすぎると、
体温を維持する働きが弱まり、内臓が冷えてしまう。

そしてこの内臓の冷えが内臓疲労を起こすおもな原因に。

内臓が冷えると内臓の機能が落ち、
感染症にかかりやすくなったり、
体全体のいろんな機能にも悪影響があるといいます。

体温が一度下がると免疫力が30%も
低下するともいわれています。

またアトピー性皮膚炎の方は体質的に
交感神経の働きが悪く、
内蔵型冷え症になりやすい。

さらにぜんそくや花粉症などの
アレルギー体質の方、腹部の手術の経験者も
内臓型冷え症になる可能性が高い。

特にでやすいのは腸で、
冷えてくると動きが悪くなって
ガスがたまり便秘がちになるという。

体温調節が難しいので、
夏に症状が悪化しやすいという。

【内臓型冷え症 危険度チェック】

1.手足が温かいのにお腹が冷える
2.昼夜の生活リズムが逆転する事がある
3.天気が悪い日に体のだるさを感じる事がある
4.太り気味で運動をほとんどしていない
5.アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー体質である
6.お腹が張ってガスが溜まりやすい
7.お腹を手術した事がある

⇒1つでも当てはまった方は、内臓型冷え症の可能性あり!

1日10分の全身浴で内臓型冷え性を解消

伊藤先生は試行錯誤して
有効な改善法を発見したそうです。

それは1日10分の全身浴。

1日10分間の入浴は、
自律神経を整えるトレーニングになり
内蔵の冷えの解消につながるのはもちろん
予防にも効果があるという。

【1日10分間の入浴法】

温度は40度から42度に設定。

※ぬるめの湯は交感神経が強い人。
冷えのない人にはいいが、
冷えの人は熱いお湯のほうが良いという。

1.最初の5分間は首までしっかり浸かる。
(水圧が体全体にかかり、体の中心に血液が集まる。)
その際肩甲骨をゆっくり
5秒×2回ストレッチすると効果的。
※肩甲骨をうしろにゆっくりまわす

2.次の5分は上体を起こして胸元まで浸かる。
頭に回る熱が減って、のぼせを防ぐ。
そして、下腹部に熱が回り、内臓が温まります。

もう一つポイントがあり、長風呂をしない。
汗をかきすぎてしまって
熱が奪われ、かえって体温を下げる場合があるため。

ぬるめのお風呂→副交感神経を活性化させ、
リラックス効果・ストレス改善を目指す。

熱めのお風呂→交感神経を活性化させ、
興奮効果を目指す。

スポンサードリンク

丁医師が実践している内臓脂肪を予防する7つの生活術

①寝る時は長袖のパジャマとナイトキャップ
体の熱が奪われないように、
夏でも長袖のパジャマとナイトキャップを
身につけて寝ると良い。

特に、頭部が冷えると血流が悪くなるため、
疲れが取りにくくなる。

②朝にカルダモンカレー
スパイスのカルダモンは、
腸の動きを活発にして免疫力をアップしたり、
脳の血流を増やして循環を良くしたりする。

コーヒーや紅茶にカルダモンを加えるのもオススメ。

③帽子で紫外線を防ぐ
強い紫外線を浴び続けると、
体内で活性酸素が発生し、
疲労物質が蓄積される。

特に頭部に直射日光が当たると疲労が増すため、
帽子で防ぐと良い。

④ウナギは白焼きがオススメ
白焼きは蒸さない場合が多いため、
良質な脂やビタミンE、ミネラルなどの栄養が
多く残っている。

山椒は脂の消化を助け、胃腸の負担を軽くする。

⑤ダブル発酵
発酵食品を2種類同時に摂ると、
腸内環境が整いやすくなり免疫力が上がる。

⑥グラスが汗をかくまで待つ
冷えた飲み物は内臓を冷やしてしまうため、
グラスが汗をかく位の温度(10~15℃)まで
下がるのを待ち、内臓の負担を軽くする。

⑦寝る前にツボ押し
足三里→ヒザから指4本程度下がった場所の、
骨と骨の間のくぼみにある。

足の疲れを取るほか、胃の調子を整える効果もある。
就寝前にゆっくりと5回×5セット程度行うと良い。


まとめ

丁先生、元気そうですね。

この日放送の他の記事↓
【主治医が見つかる診療所】内臓疲労を回復させるゆる体操の方法!

【主治医が見つかる診療所】丁先生、南雲先生、姫野先生の料理対決のレシピ!内蔵疲労の予防改善

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ