【ソレダメ!】ゴルフのスーパーキッズ 清水兄妹の育成法とは?

ゴルフ

2016年8月25日放送の「ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~ 」
は「スーパーキッズ育成の新常識スペシャル!第2弾」

ここではゴルフのスーパーキッズ兄妹を紹介!

スポンサードリンク

ゴルフのスーパーキッズ兄妹

埼玉県さいたま市の清水拳斗くん10歳、
心結ちゃん7歳の兄妹はゴルフのスーパーキッズ。

お兄ちゃんの拳斗くんは2012年の
世界ジュニア6歳以下の部で第3位!
そして妹の心結ちゃんも昨年優勝!
今年も2位という好成績を収めた。

2人は大人顔負けのショットを連発。

いったいどんな風に育てた?

そこには経験ゼロの父親の存在が…。
午前5時半に自宅を訪ねる。

お母さんは美容部員、
4人家族の自宅はゴルフ練習グッズが並ぶ6LDKの一軒家。

日課の朝練でお父さんが組んだ練習メニューをこなす。
スクワットやランニング、素振りなど。
さらにトイレや玄関の掃除も行う。

ようやく朝食。
身体を大きくしてパワーをつけるため
1日5000キロカロリーを目指す。
食事中の会話はゴルフ。

ここで父親の勝太さんが帰宅。
2人は直立不動で出迎えた。

ここで「お父さんの仕事は一体なんでしょうか?」
という問題が出題。



正解は消防士。

勝太さんは帰宅早々、練習を再開させ、
拳斗くんを追い込む。

勝太さんは台所で朝食を食べ、子供をつれて練習場へ。
夏休みのこの日は打ちっ放しの練習を行った。

2人がゴルフを始めたきっかけは
ゴルフをやっていた祖父母の存在。

拳斗君は赤ちゃんの頃から
おもちゃのクラブを与えられ
3歳のときに自らゴルフをしたいと言いはじめ
徐々にのめりこんでいった。

ゴルフを始めてわずか3年で
日本の大会で優勝し
日本代表として世界大会に出場。
3位という結果を残した。

そしてそんな姿を間近で見ていた心結ちゃんも
兄の影響をうけゴルフを始めた。
2歳で初めてクラブを握り、3年後には世界一に。

スポンサードリンク

世界で活躍する子供たちの教育法とは?

2人はプロのコーチから指導を受けていない。

教えるのはゴルフ経験ゼロの消防士の父。

自分がレッスンで習ったことをかみ砕いて
拳斗くんに指導。

このときに活きたのが消防士としての経験。
次々と入ってくる新人指導で、
どう教えれば相手が理解してくれるか、、
そのすべを学んだのだという。

しかしさっきからつい先ほどまで、
あれだけ熱血指導していたお父さんが
なにもいわず練習を見ている。

自主性を育てるため
メニュを組むのではなく、
自分ん好きなクラブで納得するまで
打たせるという。

しかし気になるのはやっぱりお金。
この日、2人は300球打ったが、
練習場の好意でなんと無料。

だがコースに出ればお金はかかる。
川口市浮間ゴルフ場の料金は6800円。

遠征代など出費の総額は2人年間200万円。
それは共働きで捻出している。

しかし、なぜお金のかかるゴルフをやらせている?

お父さん「親のエゴなんですけど、お金がいっぱい稼げる…」

2人が世界のトッププレイヤーになることを
夢見て投資しているのだという。

また2人の実力を伸ばしたのは
兄妹でゴルフをやらせたこと。

妹は常に兄を意識し、
自分もできるようになりたいと練習する。

兄は妹に負けたら恥ずかしいという思いから
常に妹の見本となるよう行動する。

結果的に2人が実力を伸ばす。

さらに2人の能力を伸ばすため他のスポーツも行う。

お兄ちゃんは野球と空手。
妹はテニスと水泳。

他のスポーツで体の使い方を覚えさせる。

目標選手はお兄ちゃんはローリー・マキロイ、
妹はロキシー・トプソン。

お父さんは、
絶対来年もう一度世界チャンピオンになりますよ!
と熱く語ったのでした。

まとめ

その他のスーパーキッズ↓

【ソレダメ】ちはやふるで人気の競技かるたのスーパーキッズ!

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ