【羽鳥慎一モーニングショー】エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安い?

エアコン

2016年8月25日放送の「羽鳥慎一モーニングショー」の
「そもそも総研」は
エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安いのかを
検証していました。

スポンサードリンク

エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安い?

今回のそもそも総研は
エアコンはつけっぱなしの方が電気代が安いのかを検証。

節電のためにエアコンを
こまめに消す人も多いですが
都市伝説としてつけっぱなしのほうが
いいという説もあるので検証。

埼玉・吉川市にあるポラス暮し科学研究所の
工学博士の松岡大介氏とともに実験をしました。

12畳のリビングでエアコン電力量の実験をしたが
この日は外の気温が35度で室温が31度で26度設定。

エアコンも設定温度になると弱くなる
一般的なものを使い調査。

つけた直後から電力が上昇し約1500Wに。

しかし部屋が冷めてくると約1200Wくらいまでさがり
この規模をキープ。
1時間半たつと約240Wほどまで下がったのでした。

エアコンでお得になる具体的な時間は、
松岡大介氏によると
24時間つけっぱなしは高くなってしまうが、
5時間27分までなら切らないほうがお得だという。

スポンサードリンク

木造の建物で晴れの時は
5時間27分以内に帰宅するのなら
エアコンはつけっぱなしの方が電気代はお得

しかしあくまでこれは今回の条件の話しで、
気温や天候次第でかわってくるそう。

エアコンは、基本的に運転を開始した直後の
室内温度と設定温度の差が大きいときに
電力を多く消費します。

曇りの時の実験では
使用開始の使用料が1000Wにも届かず
開始40分後には先程の晴れの日のときと同じ
200Wレベルまで下がっています。

こうしたことから曇りの日は
1時間16分が境界線だとのこと。

木造の建物で曇りの場合は
1時間16分以内に帰宅するのなら
エアコンはつけっぱなしの方が電気代はお得

しかしこの実験は木造の部屋の場合で、
高気密の優れたマンションの部屋でも真夏に
ダイキン工業の垣永大輔さんが実験しました。

実験によると、マンションの場合
つけっぱなしの方がお得になる時間は
日中で38分、夜間で15分とのこと。

日中30分程度の外出なら、
つけっぱなしの方が電気代はお得。

しかし、部屋の性能や設定温度、
エアコンのメーカーでも変わってくるため、
正確な時間は出せないとのこと。

けれども、風量弱よりも自動運転の方が
得であることはわかっているそうです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ