【林先生の初耳学】タカイチカおすすめご飯に合う缶詰ベスト3!&缶詰の旬

2016年8月28日放送の「林先生が驚く初耳学!」で
「缶詰」がとりあげられました。

缶詰のスペシャリスト“缶詰クイーン”こと
タカイチカさんが選んだ白飯に絶対合う
ご飯の最強のお供トップ3!&缶詰の旬を紹介!

スポンサードリンク

ご飯の最強のお供の缶詰トップ3


【第3位:東坡肉の豚の角煮缶】

角煮こそ缶詰で食べるべき一品だと
タカイチカさん。

家で作ると豚肉の中まで味を染み込ませるのは
時間と手間がかかります。

しかし缶詰がそれを一気に解決。

保存食である缶詰は殺菌を目的として、
材料と調味料を缶の中に入れて
密封した状態で加熱します。

これが一石二鳥。
缶詰の調理工程だからこそ
分厚い豚のばら肉にもしっかり味が染み込み
おいしく仕上がるのです。



【2位:天の橋立のオイルサーディン】

モリクミこと森公美子さんも愛用していて常備しているとのこと。

天の橋立のオイルサーディンは
普通のオイルサーディンと使っている油が違うのです。

綿実油というすごくあっさりした
オイルに漬けられているのです。

綿実油とは綿の実を絞った植物油で、
120年の歴史を誇る日本唯一の搾油メーカー
岡村製油から仕入れています。

パンに合うオリーブオイルとは違い、
ご飯に合う和風の味わいがおいしさの秘密。

スポンサードリンク




【1位:アジアン味缶詰 ガパオ&タンドリーチキン】

【ガパオ】

【タンドリーチキン】

科学的に計算されつくした完璧な辛さがポイント。

缶詰は加熱調理の工程で辛さが
損なわれてしまう特徴があります。

なので本場の味よりもかなり辛くして
作っているのです。

そうすると缶詰が完成した時
ちょうど良い辛さになるのです。

缶詰の食べごろの旬

現在日本にはおよそ800種類の缶詰がありますが、
そのすべての缶詰には食べごろの旬があるそうです。

【みかん缶:出荷直後】

みかんなどのフルーツ缶詰は果物の旬の時期に作られます。

しかし、長い間保管しておくとシロップの甘みがミカンに移り
フレッシュさが味わえません。

しかも柑橘類の缶詰の内側には錫が塗られていて
長期保存すると金属臭がすることも。

【コンビーフ:3ヶ月後】

コンビーフは缶に入れる直前に牛肉と調味料を混ぜ合わせて
缶に詰めます。

缶の中でゆっくりと味が染みこんでいくため製造から
3か月後が一番おいしいといわれています。

【スイートコーン:1年後】

ヤングコーンは薄い食塩水につかっています。

塩気がコーンに染みこむほど甘みが増していくため。
製造後から1年がが甘くて一番おいしい状態!

ほかにも鯖缶や桃は半年後
ツナ缶、オイルサーディンは1年後など
缶詰の種類によって食べごろは違うのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ