【林修の今でしょ!講座】旬の魚の食べ方!漁師飯の棒さんまのレシピも

2016年8月30日放送の「林修の今でしょ!講座」の中の
「旬の魚食べ方ランキング 」

元漁師、元水産庁官僚の魚のスペシャリストの
上田勝彦先生が
魚を美味しく調理する方法を紹介!

スポンサードリンク

旬の魚食べ方ランキング


【4位:さんまの塩焼きは約15分前に振る】

サンマのうま味を最大限に引き出す塩の振り方を紹介。
一般的なサンマの塩焼きは塩を振ってすぐに焼くが、
焼く15分前に振るとうま味を最大限に引き出せる。

塩を振って15分ほど放置すると、
浸透圧で余分な水分とともに生臭さが排出されるため、
うま味が凝縮され美味しくなる。




【3位:サバの味噌煮 日本酒で蒸すと早く味が染み込む】

サバのうま味を逃さない煮方。
サバは日本酒で蒸すと味が染み込みやすくなる。

アルコール成分はタンパク質を縮める作用があるので
調味料が浸透しやすくなる。

日本酒で蒸したみそを入れて煮込めば
わずか5分程度でおいしいサバの味噌煮が完成する。



【2位:アラと味噌は水の状態で入れると生臭くならない】

サケのアラ汁が生臭くならない方法。

水に味噌を溶き、サケのあらを入れて火をつけ、
沸騰させるとクリーム状のあくで覆われる。
このあくが臭みの成分なのでこれをとればよい。

味噌が魚の臭み成分を吸着してあくになる。



スポンサードリンク


【1位:さんまは塩と酢であえるだけで血流改善の漁師飯に】

生サンマに塩と酢を和えるだけで、血流改善の漁師飯になる。

酢に含まれるカリウムはナトリウムの排出を促すため、
血圧を下げる効果が期待できる。


漁師飯の棒さんまのレシピ

上田勝彦先生が超簡単!おいしくて体によい漁師飯を紹介!

【棒サンマのレシピ】

3枚におろす必要がありません。

『材料』
さんま

『作り方』
1、さんまの腹の下から包丁を入れ、
首のあたりで骨を切って皮をはがす。

2.皮をむいたさんまは流水で血を洗う。
キッチンペーパーでしっかりと水気をとる。

3.塩を手になじませてからさんまを
手で軽く握るようにして塩を揉みこむ。

4.1時間ほど冷蔵庫で放置して余分な水分を抜く。

5.食べやすい大きさに切って酢につける。
さんまの表面が白くなったら食べごろの合図。

普通のお刺身よりも味が濃厚だそうです。

残ったサンマの腹の部分は塩焼きに、
酢は酢飯に使うことができます。


上田勝彦先生の本↓

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ