【林修の今でしょ!講座】紫外線を浴びた肌のシミの原因はAGE!その予防法も

シミの女性

2016年8月30日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「今年の夏は特に要注意!『肌、目、脳、猛暑の後のアフターケアSP』」

ここでは肌のアフターケアについて。

夏に強烈な紫外線を浴びている私たちの肌。

シミの原因になる理由やその予防方法を紹介!

スポンサードリンク

シミができる理由

講義してくださるのは
久留米大学医学部教授の山岸昌一先生です。

老化の研究で医学賞を多数受賞している名医です。

実は紫外線を浴びてから肌にシミが出来るまで、
約1カ月以上かかると言われています。

つまり、7月・8月に浴びた紫外線によって、
今まさに肌の中でシミが作られている最中。

だから今、医学的に正しいアフターケアが必要なのです。

シミはどうして出来るのでしょうか?

夏の強い日差しに含まれる紫外線は
体にとって有害なので
肌は紫外線から守るために
黒い日傘をさそうとします。

それがメラニン色素という黒い成分。

メラニン色素は、本来は有害な紫外線から
肌を守ってくれているのですが、
その黒い日傘を開きっぱなしにしておくと
シミとして残ってしまうのです。

ならばこの日傘をすぐにたたんで
しまえばいいと思いますよね。

しかし、日傘を閉じるのを
邪魔する物質の存在が発見されたのです。
それがAGE。

シミの原因物質はAGE!

その物質が、AGEと呼ばれるものです。

スポンサードリンク

このAGEは最近の研究で明らかになり
新たなシミの原因物質として医学界で注目を集めています。

このAGEは、パンの焦げに似ているそうです。

パンをトースターで焼くと、
色が茶色にかわります。

このように、加熱で色が変わる反応のことを
メイラード反応といいます。

メイラード反応が身体の中でも起こることで、
シミやシワなどの老化現象を引き起こしていると
考えられています。

身体の中のパンの焦げ、
それがAGEという物質なのです。

AGEを減らすには?

山岸先生によると、
AGEが体内に多いとシミができやすい。

肌のアフターケアのポイントは
シミの原因物質、AGEを溜め込まないこと。

実はコラーゲン(タンパク質)に糖がこびりつくこと
AGEに変わってしまう。

AGEがあると、ほんの少しの紫外線をで
過剰にメラニン色素が分泌されてしまうのです。

なのでAGEを減らすことで、
シミを肌に残りにくくすることができるのです。

AGEは、食べ物から体内に入ってきます。
AGEが多く含まれる食べ物をなるべく
摂り過ぎないようにすることが大切。

AGEの量はおおまかに
野菜・炭水化物・魚・肉の順に多くなります。

とはいっても肉料理を我慢するのはつらいですね。

けれども調理法次第でAGEをぐっとおさえられるそうです。

AGEを減らすひと工夫

ゆで&蒸し料理は、揚げた時と比べて
AGEが10分の1

【調理法で変わるAGE量】
バンバンジー→1
焼き鳥→5
唐揚げ→10

鶏肉を蒸した料理であるバンバンジーを食べた時に、
体内に入ってくるAGE量を1とすると、焼き鳥では5倍、
唐揚げは10倍になります。

AGEが多い揚げ物ですが、調理法を工夫するだけで、
AGEを下げることができまです。

酢で下ごしらえをしてから唐揚げを作ると
AGEが増えるのを軽減できる。

それが出来ない時は、
レモンを絞ってかけるとよいです。

酢やレモンなどの食材を唐揚げなどの
揚げ物と一緒に摂ると、コラーゲンに糖がつきにくくなり
AGEの摂りすぎ防止に!

きのこ料理でAGEの吸収を抑えられる

さらに山岸先生がオススメするのがきのこ料理。

きのこ類に含まれるキチン・キトサンが
AGEの吸収を抑える効果が期待できます。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ