【林修の今でしょ!講座】紫外線で受けた目のダメージはほうれん草のルテインで回復!

目

2016年8月30日放送の「林修の今でしょ!講座」は
「今年の夏は特に要注意!『肌、目、脳、猛暑の後のアフターケアSP』」

ここでは目について。

スポンサードリンク

目はむき出しの臓器

目のアフターケアは夏の強い紫外線のダメージを
減らしてくれるある成分がポイント

その成分をどれだけ補給出来るかで
紫外線による目の病気のリスクが
下げられるといいます

目のアフターケアについて講義してくださるのは
目の病気についての著書を多数出版されている
眼科専門医の平松類先生。

目は「むき出しの臓器」と呼ばれています。

心臓や肺は他の臓器は必ず守られているんですが
目は守られてない。

それは光を見なければいけないから。
肺や心臓に光を届ける必要はないわけです。

ただ目だけは光を使って物を見るので
絶対光が届かなければいけない。

だからこそむき出しにしておかざるを
得ない。

紫外線で白内障になるリスクも

そして、夏の間に紫外線をたくさん浴びると
白内障になってしまう危険性が高まるといいます。
実は白内障は紫外線が強く降り注ぐ
南国の方が患者数が多いというデータもあるのです。

だからこそ今の時期の
紫外線のアフターケアが重要。

スポンサードリンク

白内障は私たちのほとんどが
将来かかる病気だと言われています。

まずは私たちにとって身近な
病白内障のメカニズムを押さえましょう。

目の前から光が入ってきて
水晶体を通って目の奥に通っていく。

カメラでいうとレンズに相当する部分。
ただ、その水晶体が99パーセント紫外線を吸収するため
白く白内障になってしまう。

本来水晶体というのはこれ透明なもの。
透明なものがなぜ白くなるのか?

一番わかりやすい例で言うと水晶体はたんぱく質。
卵の白身と同じ。
生卵は透明ですが、
ゆでたり熱を加えると白くなります。

紫外線というのも光のエネルギー。

エネルギーを吸収して徐々に白く
変わっていってしまうのが白内障。

そこで、紫外線などの水晶体が濁らないように
また、白内障の人はその進行を遅らせるために
早めの夏のアフターケアが重要です。

目のアフターケアでポイントはルテイン

目のアフターケアで
ポイントとなるのがルテインという成分

ルテインを補給する事で
水晶体のダメージを減らし
白内障のリスクを下げる事に
繋がると期待出来るそうです。

ルテインはほうれん草に多く含まれています。
ほうれん草はブロッコリーの約10倍以上、
グリーンピースの約5倍以上のルテインが
含まれています。

ルテインを効率よく摂れる調理法はルテインは「ほうれん草のナムル」

ルテインは脂溶性で油に溶けやすい栄養素。
なので、油使った料理の方が吸収しやすい。
ほかには「ほうれん草のバターコーン」などがオススメ。

まとめ

この日放送の記事↓
【林修の今でしょ!講座】紫外線を浴びた肌のシミの原因はAGE!その予防法も

【林修の今でしょ!講座】旬の魚の食べ方!漁師飯の棒さんまのレシピも

平松類先生の記事↓
眼科医 平松類先生の視力&ドライアイ回復術!【バイキング】

【ジョブチューン】老眼&近眼の人は必見!100均の老眼鏡で視力回復法

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ