【林先生の初耳学】肩こりで老け顔に!目が大きくなる頭筋ストレッチのやり方

肩こりの女性

2016年9月4日放送の「林先生が驚く初耳学!」の中の
「肩こりを放っておくと、目が小さくなる」

1日たった3分で目が大きくなる頭筋ストレッチのやり方を紹介!

スポンサードリンク

肩こりを放っておくと、目が小さくなる!

肩こりを放っておくと、
目が小さくなり5歳老け顔になるという。

林先生知ってた!?

初耳!

ポイントは後頭部にある後頭筋。

人間の筋肉は肩から顔までつながっており
肩が凝ると頭の筋肉も固まってしまいます。

後頭筋が固まると
リンパの流れが滞ってしまいます。

すると顔がむくんで
腫れぼったくなってしまいます。

そのため顔がむくんで
目が小さくなる原因に。

さらに後頭筋は頭の上を通って
おでこにつながっているので
おでこの筋肉も固くなり、
しわが増える原因にもなります。

そのため老け顔になってしまう。

つまり、顔のむくみを解消するには
頭の筋肉をほぐすことが重要なのです。

スポンサードリンク

目が大きくなる頭筋ストレッチのやり方

予約が半年待ちの大人気ヘッドスパ
神楽坂「HIGUCHI HILLS」の
美容研究家 樋口賢介さんが
頭筋ストレッチを教えてくれました。

樋口賢介さんの本↓



【頭筋ストレッチのやり方】

①頭皮全体の揉み解し (30秒)

頭皮全体を指の腹つけて
引き離すようなイメージで揉みます。

この時にザビエルゾーン(頭頂部)
を意識する。。

②カチューシャゾーンの揉み解し (30秒)
フェイスラインから側頭部にかけて
揉みほぐす。

リンパが流れているカチューシャゾーンは
ほぐして血流を良くすることが重要。

③カチューシャゾーンのナックリング (1分)
手をこぶしというか
猫のまねをする時のような感じで曲げ
手の甲の部分で
カチューシャゾーンを
円を描きながら引き上げる。

④カチューシャゾーンのリフトアップ (1分)
手のひらでカチューシャゾーンを圧迫しながら
3回まわして5秒間引き上げる。

目じりのしわやほうれい線の解消にも効果的!

この4つのストレッチを
1日たった3分行うだけでいいのです。

このような感じです↓

20代、30代、50代の女性が10日間行ったところ
それぞれ顔のむくみがとれ、
目が大きくなっただけでなく
血色もよくなっていました。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ