【WBS】LINEモバイル&楽天など格安スマホが急増!乗り換えの注意点も

スマホ

2016年9月5日放送の「ワールドビジネスサテライト」で
「格安スマホ」がとりあげられました。

LINEモバイル&楽天などの特徴や
大手から乗り換えるときの注意点などを紹介!

スポンサードリンク

格安スマホが急増

格安スマホが急速に普及しているそうです。
格安スマホの市場規模はこの2年間で3倍以上に
伸びているとのこと。

そこで実際に利用している人の声をきくと
「月に1700円ぐらいで安い。」

「値段が全然違う。回線速度もそんなに変わらない。」
などの声。

2年後にはさらに契約者の数が増え
1000万件を超えるという予想も出ているとのこと。

LINEモバイルも参入

多くの企業が参入している成長市場に
LINEモバイルが9月5日に格安スマホに参入しました。

SIMカードのほかスマホ端末のセット販売を行い
8機種を取り扱います。

売りは安さ。

【LINEフリープラン(一番安いプラン)】
月額500円(税別)。
LINEでの通話やメッセージ、スタンプの送信が使い放題。

【コミュニケーションフリープラン】
月額1110円(税別)
LINE・Twitter・Facebookが使い放題
音声通話込みでも1690円。
→大手の3分の1以下

LINE側としてはユーザーを増やすとともに
有料で提供している音楽やゲーム市場の収益向上に
つなげたい考えです。

格安スマホはなぜ安い?

大手キャリアのNTTdocomoなどは、
自分の会社で通信回線を持っていて基地局やサーバー
そのほか巨額の設備投資をしています。

一方格安業者は、設備投資は無く、
大手のキャリアが持っている回線の一部を
お金を払って借りていて、それを利用者に提供している。

なので設備投資などの固定費がが少なく維持費が安い。

スポンサードリンク

格安スマホの異業種からの参入

格安スマホのシェアをみてみると
ネット通販の大手「楽天」や
動画配信の「U-NEXT」なども
入ってきています。

どちらもここ1~2年で参入した異業種。

【楽天モバイル】
東京銀座の2年前に格安スマホに参入した
楽天の販売店「楽天モバイル」

客の多くは大手キャリアからの乗り換えが多い。

楽天モバイル通信プラン
5GB+通話料=月額3000円
→大手キャリアの半分以下の価格が
お客を引きつけてるようです。
さらに楽天ならのサービスも。

それは楽天ポイント2倍サービス
通話付きプランの契約期間中
「楽天市場」での買い物でポイントが2倍に。

楽天グループで客を囲い込もうと
いう狙いがあるようです。
さらに今力を入れてるのが実店舗の拡大。
現在販売店は95店舗。

今年中に100店舗以上に拡大予定とのこと。

他社はネットでの契約がほとんどですが、
シニア層を中心に店舗での契約を望む客も多い。

実店舗を増やすことで
顧客の拡大につなげようとしています。

大手から格安スマホに乗り換えるときの注意点

①2年縛りの違約金発生の可能性

大手通信会社との契約の問題。
現在主流の2年契約は途中で解約すると
違約金がかかる可能性がある。

②店舗での手厚いサポートは期待薄

大手通信会社のように、キャリアショップが
どこにでもあるわけではないので、
故障やトラブルなど万が一の時の
サポート体制がどうなっているか
確認する必要がある。

③昼休みなど混雑時に速度低下も

大手通信会社から回線を借りているために、
混雑している時は速度が低下したり
つながりにくくなったりする可能性もある。



感想

LINEモバイル、月額500円とは安いですね。
ただ、調べてみたところ販売体制にちょっと問題があるようです。

販売開始当初はLINEモバイルのWebサイトからしか購入できない。

また、決済方法も、ネット決済のLINEペイや前払いのLINEペイカード、
クレジットカードのみ。

銀行口座からの自動引き落としやコンビニエンスストアでの
料金支払いは「今後検討していく」とのことです…。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ