【あさイチ】みりんの活用法!みりんシロップのレシピ

コーヒー

2016年9月7日放送の「あさイチ」の「JAPA-NAVI」は
「母になるなら、流山」で千葉県流山市に注目。

本みりんの活用法や
みりんシロップのレシピなどを紹介!

スポンサードリンク

本みりん活用法

流山は、江戸時代みりんの産地として
有名だったそうです。

濃厚な味わいが特徴で
今も当時の製造方法で造る蔵もあります。

流山のみりんといえば
アルコールと国産のもち米を使い
甘みが際立つ本みりん。

みりんも、お酒の一種。
まずは酒屋でみりんの活用術を
聞いてみました。

コーヒーに砂糖の代わりにみりんを
入れて飲むと美味しいとのこと。

渡辺徹さんがおそるおそる飲んでみると、
おいしいとのこと。

みりんには酸味を抑える効果があり、
コーヒーのカドが取れてまろやかになるそうです。

みりんは砂糖よりも多い9種類の糖などで
構成されているので複雑な甘みがあるのです。

紅茶やミルクも合うそうです。

渡辺さんはみりんそのものの味を堪能するために
“みりんオン・ザ・ロック”をいただいのでした。

江戸時代では高貴な女性が愛飲していたそうで、
寝酒にいいそうです。

使用したみりんは、この店(かごや商店)で
販売している「流山本みりん」です。

みりんシロップ

そしてもう1つとっておきのみりんグルメが。

訪ねたのは蔵を改装した、今人気のカフェ。
「蔵のカフェ+ギャラリー灯環(とわ)」

お昼は、予約しないと入れないほどだそうです。

そして大人気スイーツ「ほっこりみりんdeスイートポテト」を
頂いのでした。

みりんの甘みと旨味が凝縮された
みりんソースがポイントで、
渡辺徹さんは
「ちっちゃいころ食べたアメの味」
などといっていました。

このソースはドレッシングなどにも応用できるとのことです。



スポンサードリンク

【みりんシロップの作り方】

ハチミツや砂糖の代わりに、いろいろ使えます。。

『材料』(5~6人分)
本みりん→500ml

『作り方』
1.本みりんを深い鍋に入れて強火で10分ほど温める

2.沸騰したら、弱火で7~8分ほど温める

3.半分ほどの量になったら、
火を止め冷ましてできあがり!

※アルコールなので、引火を防ぐため、
深い鍋を使いそばを離れないようにしてください。

シロップにすることによって
麹本来の自然の甘みが素材と合うそうです。



【「りんシロップのドレッシング】

『材料』(2~3人分)
みりんシロップ→大さじ2
オリーブオイル→大さじ1
酢→大さじ2
塩コショウ→少々

『作り方』
1.シロップ・オリーブオイル・酢を
ボウル入れてかき混ぜる。

2.塩コショウで味をととのえてできあがり!

サラダにかけていただきます。



【餅のチーズのせ みりんシロップがけ】

『材料』(5~6人分)
みりんシロップ→お好みで
餅→ (厚みによっては半分切る)2個
ピザ用チーズ→50g

『作り方』
1.クッキングペーパーを引いたフライパンに
餅を並べて中火にかける。

2.暖まってきたら、チーズをのせ、
様子を見ながら4~5分温める。

3.餅を皿に移し、みりんシロップを
お好みの量をかけてできあがり!

まとめ

みりんというと調味料として使うことしか
考えていなかったですが。

「餅のチーズのせ みりんシロップがけ」が
とってもおいしそうでした♪

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ