【得する人損する人】ウル得マンのさんまレシピ!アヒージョ、塩焼き、ツナ風ディップ

snma

2016年9月8日放送の「あのニュースで得する人損する人」の
「ウル得マン」

今回のテーマ食材は旬のサンマ。

制限時間30分で、何品作れるかに挑戦!

ここではイタリアンオイルを使った料理
さんまのアヒージョ、さんまの塩焼き ジェノバソース風、
さんまのツナ風ディップのレシピを紹介!

スポンサードリンク

イタリアンオイルを使ったさんまレシピ

ウル得マンマレシピ

【イタリアンオイルの作り方】

『材料』
オリーブオイル→240ml
ニンニク→ 1片
鷹の爪→ 1個

材料を鍋に入れて加熱します。

このイタリアンオイルを使って3品つくりります。



【さんまのアヒージョ】

『材料』(1人分)
さんま→ 1/2尾
ブロッコリー→ 小房4~5個
マッシュルーム→ 2個
しめじ→ 1/4パック
オリーブオイル→ 150ml
ニンニク→ 1片
鷹の爪→ 1本
塩→ 少々

『作り方』
1.3枚におろしたさんまを5~6等分に切る

2.マッシュルームは薄切り、
ブロッコリーとしめじは小房にわけ、
切ったさんまもスキレットに入れる

3.温めておいたイタリアンオイルを入れ、
塩で味付け。

4.オーブントースターで4~5分加熱すれば
さんまのアヒージョのできあがり!

スポンサードリンク

※オーブントースターは、上下から加熱できるので、
食材に万遍なく火が入る



【さんまの塩焼き ジェノバソース風】

『材料』(1人分)
さんま→ 1尾
塩→ 少々

(ジェノバソース)
ニンニク→ 1片
ブロッコリー→ 2房
生のバジル→ 3~4枚
オリーブオイル→ 大さじ3
レモン汁→ 大さじ1/2
塩→ 少々

『作り方』
1.さんまに切れ目を入れる

※切れ目を入れることで、
早く火を通すことができる

2.塩を振る

※約30㎝(一尺)の高さから塩を振ると
均等に塩が振れる

3.フライパンを火にかけ、クッキングシートを敷き、
その上でさんまを焼く

※クッキングシートを敷いて焼けば、
グリルで焼くより皮がくっつきづらく、
焦げづらくなる

さらに使い終わったら、
クッキングシートを捨てるだけなので、後処理も簡単

5.イタリアンオイルで作った1品目の
アヒージョのブロッコリーとニンニクを取り出し
バジルも加え、包丁で叩いて細かくする

6.お皿に移し、オリーブオイルとレモン汁を入れ、
塩で味を調えたら付け合わせもできあがり!



【さんまのツナ風ディップ

『材料』(1人分)
さんま→ 1/2尾
マヨネーズ→ 大さじ2
乾燥パセリ→ 少々
バゲット→ 5~6枚

『作り方』
1.熱したイタリアンオイルの中に、
生のさんまをそのまま入れ、
火が通ったら取り出し、細かく身をほぐす

2.マヨネーズと乾燥パセリを加え、
かき混ぜたらディップの出来上がり!

3.バゲットをオーブントースターで焼き、
ディップの横に添えたらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ