『得する人損する人』ウル得マンのさんまレシピ!さんま南蛮、甘露煮、かば焼き丼

さんま

2016年9月8日放送の「あのニュースで得する人損する人」の
「ウル得マン」

今回のテーマ食材は旬のサンマ。

制限時間30分で、何品作れるかに挑戦!

ここでは和風ダレを使った料理
さんま南蛮 らっきょうタルタル、さんまの甘露煮、
さんまの蒲焼き丼 ひつまぶし風を紹介!

スポンサードリンク

和風ダレを使ったさんまレシピ

和風ダレを使ったさんま料理

【和風ダレの作り方】

『材料』
しょうゆ→ 200ml
みりん→ 200ml
砂糖→ 大さじ4

鍋に入れて加熱する

※焼き鳥などで使う和食の基本のタレ。

しょうゆ2:みりん2:砂糖1
の黄金比率

この和風だれを使って料理を作ります。


【さんま南蛮 らっきょうタルタルのレシピ】

『材料』(1人分)
(さんま南蛮)
さんま→ 1/2尾
しょうゆ→ 小さじ1
小麦粉→ 適量
サラダ油→ 適量

(南蛮酢)
和風ダレ→ 大さじ2
酢→ 大さじ1
鷹の爪→ 1本

(タルタルソース)
卵→ 1個
生クリーム→ 大さじ1/2
マヨネーズ→ 大さじ3
らっきょう→ 2~3個
レモン汁→ 小さじ2
乾燥パセリ→ 少々

『作り方』
1.3枚におろしたさんまを4~5等分に切る

2.卵を耐熱皿に入れ軽く混ぜ、
電子レンジ600Wで1分加熱し、
ボウルに入れてフォークで崩す

※電子レンジを使うと、
より早くゆで卵を作ることができる
黄身を崩すことで、
加熱した時に爆発することを防げる

3.らっきょうをみじん切りにして、卵に加える

4.マヨネーズと生クリーム、乾燥パセリ、
レモン汁を③に入れ混ぜたらタルタルソースができあがり!

※通常はピクルスを入れるが、らっきょうにすることで、
より食感を出すことができる

5.さんまに小麦粉をまぶし、溶き卵につける。

6.フライパンにサラダ油を入れ、
さんまを揚げ焼きする

7.和風ダレをボウルに移し、
酢と鷹の爪を入れて南蛮酢をつくる

8.⑦に焼きあがったさんまを入れ、
味が染み込んだらできあがり!



スポンサードリンク

【さんまの甘露煮】

『材料』(1人分)
さんま→ 1/2尾
粉山椒→ 大さじ1/2
長ネギ→ 1/4本
和風ダレ→ 100ml
酒→ 大さじ1
水→ 大さじ3

『作り方』
1.3枚におろしたさんまを4~5等分に切る

2.鍋に和風ダレと酒・水を入れ、煮たてる

3.②にさんまを入れ、煮汁が1/3量になるまで中火で煮る

4.さんまに火が通ったら粉山椒をまぶす

5.④を器に盛り、長ネギをのせればできがり!

※粉山椒を入れることで、さんまの臭みも取れる

※最初に和風ダレを煮詰めておいたことで、
煮る時間が短くなり、さんまがふっくらと仕上がる!



【さんまの蒲焼き丼 ひつまぶし風のレシピ】

『材料』(1人分)
ご飯→ 1合
さんま→ 1尾
和風ダレ→ 50ml
サラダ油→ 大さじ1
かつおだし→ 小さじ1/2
水→ 200ml
塩→ ひとつまみ
大葉 →2~3枚
白ごま→ 適量

『作り方』
1.3枚におろしたさんまを2等分に切る

2.水に塩とかつおだしを入れ、
電子レンジ600Wで2分間加熱し、器に入れる

3.さんまに小麦粉をつけ、
フライパンに油を敷いて焼き、和風ダレを絡める

※海の魚は背から焼くと良い

4.ご飯にさんまと大葉、
白ごまをのせたらできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ