【サタデープラス】菅原由香子先生の美肌洗顔法!キッチンペーパー「名医の健康法」

洗顔

2016年9月10日放送の「サタデープラス」で
「夏の終わりこそ試したい!名医の健康法ベスト3 」。

その中の3位の菅原由香子先生が美肌のための
洗顔方法を紹介!

スポンサードリンク

菅原由香子先生の美肌の3つの掟

美容皮膚科医の菅原由香子ドクター46歳。
46歳とは思えぬくすみのないきれいな肌。

ちなみにその肌年齢は実年齢よりマイナス14歳の32歳。

そんな美肌の名医が副院長を務める
岩手県一関市にあるクリニックの駐車場は
美肌を手に入れたいと全国各地のナンバーがずらり!

そんな菅原ドクターの美肌のための「3つの掟」

飲む日焼け対策「青汁」

毎日欠かさない日焼け対策。
日焼け対策といえば、クリーム、帽子、日傘などが
思い浮かびますよね。

しかし、ドクターが手にしているのは青汁!

青汁は腸内環境もよくするし、
飲む日焼け止めにもなる。

紫外線を浴びると、
皮膚に活性酸素が発生。

この活性酸素が染みを作り出す、
そもそもの原因。

青汁に含まれるビタミンCやEなどは、
この活性酸素を体内から取り除いてくれるのです。

スポンサードリンク

目からの日焼け対策“サングラス”

もちろん外側の日焼け対策も忘れていません。

中でもドクターのマストアイテムがサングラス。

太陽に当てていけないのは肌だけじゃなくて、
目にも当ててはいけないのです。

目からも日焼けをするのです。

紫外線を目に浴びることで、角膜が炎症を起こし、
その刺激により、脳がメラニン生成の命令を出す。

それが日焼けのシミに。

こすらない洗顔

こすると、皮膚は刺激を受け、そこを守るため、
シミの原因となるメラニンを作り出します。

菅原由香子先生は
台所で洗顔をしていました。

それは浄水器がついているため。

普通の水道水には塩素や
いろいろとお肌によくないもの入いるそう。

水道水に含まれるカルキが肌のたんぱく質を破壊。

肌の持つバリア機能も失われ、
肌の弱い人は肌荒れなどの原因になることも。

【正しい洗顔“こすらない洗顔”の方法】

1.泡立てネットを使ってしっかり洗顔料を泡立てる

2.泡立てた泡を顔につける

3.こすらずに、顔全体に泡をのせていく

4.常温の水で洗い流す
(洗い流す際もこすらず、水をすくって顔に当てる感じ)

5.キッチンペーパーを押し当てて、顔の水分を吸い取る

※最も大事なポイントは、
タオルではなくキッチンペーパーを使用し、
水気を拭き取るのではなく、吸い取ること。

キッチンペーパーは、漂白剤の入っていない、
無添加の茶色いものを使用するとよいです。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ