【ジョブチューン】石阪京子さんのリバウンドしない片づけ術!

収納した部屋

2016年9月10日放送の「ジョブチューン」は
「ベストセラー本の内容書いた本人がぶっちゃけますスペシャル!」

その中から石阪京子さんが
リバウンドしない片づけ術を伝授!

スポンサードリンク

一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ/石阪京子さん

片づけ本として異例の7万部突破
「一生リバウンドしない!奇跡の3日片づけ」

その著者が片づけアドバイザー石阪京子さん。
指導レッスンは現在1年待ち!

そんな石阪京子さんのぶっちゃけ。
家の中を片付ける前に絶対買ってはいけないものは”収納ケース”

収納ケースを買って散らかっているものをしまえば
家が片付いたと思っていませんか?

それは物を移動しているだけで
根本的な解決にはならないそうです。

片づけで一番大切なことは
必要ないものを処分すること。

スポンサードリンク

アレクサンダー&川崎希夫婦の家で片づけ術

リビングのある2階へ。
まず目につくのは大量の服。
ハンガーラックはテレビの前までせり出すありさま。

さらにお隣のキッチンにも物が雑然と置かれている

そして3階のクロゼットも
やはり膨大な服で占拠されている。

なかなかの散らかりっぷり。

クローゼットの片付け術

1.家の片付けは収納から開始
まず収納スペースを確保することで
そのあとの片づけがスムーズに行えるのです。

一旦クローゼットのものを出し
リビングにあった服も寝室に集めることに。

2.1年間来ていない服は思い切って処分

3.思い出の品は写真を撮り、実物は処分
洋服を2時間かけて仕分け。
膨大な量の服が10分の1ぐらいに。

4.ハンガーは薄手のモノに統一
クローゼットに服を戻していくのですが、
こちらのお宅はハンガーの大きさや形がバラバラ。

特に厚手のハンガーは幅をとってしまいがち。

そこで薄手のハンガーでスペースを有効活用。

5.個人の服を置くゾーンを決める
(ここは誰々の服ゾーンと決める)

6.服は種類別、色別に並べる
自分の服を把握できて無駄な服を防ぐことが可能に。



キッチン&リビング片付け術

キッチンの形づけで大事なことは、
外に出ているものをなくし
掃除しやすい環境を作ること。

7.代用できる調理器具は処分
普段使っていない処分していきますが、
キッチンの片づけはさらなるポイントが。

普段使っているものでも
ほかのもので代用できるものは処分。

8.収納にはゆとりをキープ
急に物が増えた場合でも収納であふれることがない。

9.リビングは撮影して客観視
大量の服がしまわれたことでスタート時よりは
すっきりとした印象に。

長い時間を過ごすリビングは、
多少ちらかってもついつい見慣れてしまいがち。
そんなときは写真で客観視して散らかり具合を確認。

10.常に使うもの以外は置かない
これでみちがえるほど素敵な空間に。
すごくすっきりしていました。

家を丸ごと片づけ、きれいな状態に慣れること。
これこそが最大のポイントなのです。



川崎希&アレク夫妻のお家
以前、番組できれいになったはずなんですが、
再び汚くなっていましたね↓
【スッキリ】川崎希&アレク夫妻宅をプチリフォーム リビング編!

【スッキリ】川崎希&アレク夫妻宅をプチリフォーム キッチン編!

そのほかの片づけのポイント

他に一般家庭でできる片付けのポイントは
一般的に一番スペースをとるのが来客用の布団なので、
思いきって来客用の布団を処分する。

1年に1~2回くらいしか
来客用布団を使わないのであれば
レンタルする方法もあります。


感想

家も来客用の布団がスペースを占めています。
ほとんど使ったことないんだけどね。

とにかく思い切って処分することが大事ですね…。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ