【この差って何ですか?】千葉県八街市の里芋農家が教える絶品レシピ!餃子&磯部揚げほか

里いもレシピ

2016年9月11日放送の「この差って何ですか?SP」で
「里芋」がとりあげられました。

千葉県八街市の里芋農家が教える絶品レシピの紹介!

里芋の煮っころがし&里芋餃子&里芋の磯部揚げ&グラタン

スポンサードリンク

千葉県八街市の里芋農家

上地雄輔さんと佐々木蔵乃介さんが千葉県八街市で
この時期旬を迎えている里芋農家へ。

千葉県は里芋の生産量全国2位で、
八街の里芋は柔らかくて甘みが強いと評判。

里いもは種芋となる里芋を植えて
里芋を育てる形で、1本の茎に10~15個の
小芋や孫芋が出来きます。

上地雄輔さんと佐々木蔵之介さんも
手作業での収穫を体験。

丸い里芋と長細い里芋があったら
丸い里芋のほうが、ぬめりが多く
身が柔らかいそう。

長細い里芋は育ちすぎで
身が硬くなります。



千葉県八街市の里芋農家のレシピ

【里芋の煮っころがしのレシピ】

『材料』
里芋→ 750g(小サイズ15個)
※皮をむいて食べやすいサイズに切る

水→ 1.5L(里芋が隠れるくらい)
酒→ 大さじ2
みりん→ 大さじ2
砂糖→ 大さじ3
醤油→ 大さじ5

塩昆布→ 10g
顆粒だし→ 1/2袋
片栗粉→適量
ゆず皮→ 適量

『作り方』
1.鍋に里芋と水、酒、砂糖、みりん、醤油を入れて、
落し蓋をして芋が柔らかくなるまで15分ほど煮る。

※一般的には下ゆでするがしない
下ゆでするとムチンをにがしてしまうため。
(ムチンは胃や腸の粘膜を保護して二日酔い対策などに良い)

2.落し蓋を取り、塩昆布を入れて
煮汁が半量になるまで5~10分ほど煮つめる。

塩昆布で里芋の甘みを引き立てる

3.火を止めて、ゆず皮を入れて軽く混ぜ合わせる。

4.さらに顆粒だしを加えて
水溶き片栗粉でとろみをつける。

5.刻んだゆずの皮を加えたらできあがり!



スポンサードリンク

【里芋の餃子のレシピ】

『材料』
里芋→ 500g(中サイズ5個)
落花生→ 50g(殻つき。薄皮剥いて包丁で砕いておく)むき身で30g
しょうが→ 1かけ(みじん切り)
大根→ 30g(みじん切り)
鶏ひき肉(もも)→ 100g

(調味料)
味噌→ 小さじ1
塩→ 小さじ2/3
醤油→ 大さじ1
すりおろしにんにく→ 小さじ1/2

餃子の皮→ 適量
仕上げ用ゴマ油→ 少々
蒸し水→ 適量

『作り方』
1.里芋を30分蒸かして半分に切り、
アツアツのうちに皮をむく。

2.里芋をの皮をむき終えたら
めん棒でつぶす。

3.大根の皮をむいて
細かくみじん切りする。

※キャベツの代わり

4.落花生も細かくみじん切りにする。

5.里芋に落花生、しょうが、大根、鶏ひき肉、調味料を加えて
よく混ぜ合わせる。

6.餃子の皮に⑥のタネを包んで、
フライパンに並べ蒸し焼きにする。

7.水分が飛んだらごま油を加えてできあがり!

(ソース作り)
産地ならではの食べ方として
皮付きのピーナッツ・砂糖・合わせ味噌・みりんを
炒めてピーナッツ味噌を作り、
これにつけていただきます。



【里芋の磯部揚げのレシピ】

『材料』
里芋→ 300g(中サイズ4つ)
梅干し →1個(たたき梅)
塩→ ひとつまみ(3本指分)
落花生→ 50g(殻つき。薄皮剥いて包丁で砕いておく)
海苔→ 適量

『作り方』
1.里芋はおろし金ですり下ろして、
ボウルに移し、梅干しを加えて塩で味を調える。

梅は夏バテ防止とさっぱりした味になる

2.①をスプーンですくい、
海苔にのせたら落花生を2~3粒入れ、
海苔で挟む。

3.②を170℃の油で2分揚げて
きつね色になればできあがり!



【里芋ドリアのレシピ】

『材料』
里芋→ 400g(中サイズの小6個)
※1cm程の大きさに切る

※ピラフ用3個は蒸し、
ソース用3個は生のまますりおろす

にんじん→1/4本(粗みじん切り)
玉ねぎ→ 1/4個(粗みじん)
豚バラ肉→ 50g
ご飯→ 200g
バター→ 20g(半分ピラフ、半分ソース)
牛乳→ 100ml
塩→ 適量
こしょう→ 適量
ピザ用チーズ→ 適量
きざみパセリ→ 適量

『作り方』
1.フライパンにバターを入れ、
里芋(3個分)にんじんを軽く炒めて、
塩で味つけ。

2.豚バラ肉、こしょう、ごはんを入れて
1分ほど炒める。

3.ドリアの器に入れる。

4.ホワイトソースづくり
フライパンにバターを入れる。

5.里芋のすりおろし、牛乳、塩コショウを
加えてしっかり混ぜ合わせる。

6.③の上にホワイトソースをかけて
チーズをかけて
オーブンで10分焼く。

仕上げにパセリを散らせばできあがり!

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ