【この差って何ですか】駅弁マニアが選ぶ東京駅で買えるご当地駅弁トップ10!

駅弁

2016年9月11日放送の「この差って何ですか?SP」の中の
「駅弁マニアが選ぶ!東京駅で買えるご当地駅弁トップ10!

駅弁マニア3人の小林しのぶさん、櫻井寛さん、塩入志津子さんが
厳選した東京駅で買えるご当地駅弁トップ10を紹介!

スポンサードリンク

駅弁マニアの3人とは?

駅弁に関する書籍を数多く執筆し、
今まで食べた駅弁は5000個以上という
日本一の駅弁愛好家小林しのぶさん。



鉄道フォトジャーナリストとして
駅弁の本も出版している櫻井寛さん。



およそ30年にわたり、駅弁の記事を書き続けている
駅弁研究家の塩入志津子さん。

旬の駅弁名鑑800 (エディトリアル)

果たして駅弁マニアの3人は何を1位に選ぶでしょうか?



売り上げランキングTOP5

売り上げのみのランキングトップ5!

第5位:東京駅 常陸牛/ 牛べん(1050円)

第4位:北海道・森駅/ いかめし (650円)

第3位:宮城県・仙台駅/ 極撰炭火焼き牛たん弁当 (1350円)

第2位:山形県・米沢駅/ 黒毛和牛すきやき牛肉重 (1150円)

第1位:山形県・米沢駅 / 牛肉どまん中 )1250円)



駅弁マニアが選ぶ「ご当地駅弁トップ10」


【第10位:岩手県・一ノ関駅 / 平泉うにごはん (1200円)】

https://twitter.com/kawanegi/status/774077731470389252

茶飯の上に三陸産のイクラやウニがてんこもり!
東京駅では数少ないウニが入っている駅弁。




【第9位:鳥取県・米子駅 / 十四代吾左衛門 鯖すし・笹塩(1100円)】

日本海の分厚いサバを使用。

普通の鯖すしは醤油を付けて食べますが、
この鯖すしは笹のエキスを配合した「笹塩」に付けて食べます。

何も付けなくても美味しいですが、
笹塩を付けると風味が加わっておいしいようです。



【第8位:鳥取県・鳥取駅 / 山陰鳥取かにめし(1250円)】

カニの爪とカニ肉のみのまさにカニづくしの駅弁。
ご飯にはカニみそが炊きこんである。

山陰本線の駅弁はカニのオンパレード。
中でもイチ押しなのがこの山陰鳥取かにめし!

カニのつめとカニ肉のみのカニづくしのお弁当。

ご飯にカニミソを炊き込んであり、コクがあっておいしい。




【第7位:群馬県・高崎駅 / 鶏めし (900円)】

スポンサードリンク

ローストチキンと焼き鳥とそぼろなど、鶏肉の色々な味が楽しめる鶏めし弁当!




【第6位:岩手県・一ノ関駅 / ひふみ弁当 (1350円)】

熟成肉を使った牛の炙り焼きとすじ肉の煮込に目をひくのが特大のハンバーグ。

ギャル曽根さんが「おいし~い!」と何度もいっていました。




【第5位:青森県・弘前駅 / ひとくちだらけ (1200円)】

https://twitter.com/hikamama/status/774925400447213568

五所川原から夜にしか届かないお弁当。

津軽の味が24種類、一口ずつ入っている幻の弁当。

夜限定で販売されているという「幻の弁当」。

お弁当屋さんが津軽の五所川原にあり、
そこから持ってくるため昼の時間には届かないのです。

しかも数量がかなり少ないのでマニアの間では「幻の駅弁」と
呼ばれているそうです。

青森名産のほたて飯や津軽の紅鮭寿司など青森県ならではの料理が
24種類も味わえる駅弁。



【第4位:東京駅 / どまん中百選 (1450円)】

「牛肉どまん中」に「うなぎどまん中」や「海鮮どまん中」がくっついたお得なセット。




【第3位:北海道・厚岸駅 / かきめし (1080円)】

北海道厚岸湾のカキを使っているかきめし。

厚岸湖で採れた大粒のカキにアサリとつぶ貝を
しいたけの煮汁で煮込んだまさに貝づくし弁当。




【第2位:東京駅 東京弁当 /(1650円)】

お店の奥に置いてある東京駅限定の駅弁「東京弁当」。

築地・すし玉青木の玉子焼きや人形町
魚久のキングサーモン粕漬け
そして浅草・今半の牛肉たけのこ
など東京の老舗の味が詰まった弁当。

味のバランスもいい。




【第1位:福島県・郡山駅 / 海苔のりべん (900円)】

ご飯の上に昆布と海苔を敷き、
さらにご飯・おかか・海苔を敷き詰めた究極の海苔弁当!

ただの海苔弁ではなく、ご飯の上に昆布と海苔を敷き、
その上にご飯をのせ、さらにたっぷりのおかかと海苔を敷き詰めています。

こうすることで風味が増し
ご飯が美味しくなっているそうです。



感想

1位がのりべんというのはかなり意外ですね。

でも試食した出演者たちが「間違いなく1位だね」
などと言っていましたのでおいしいんでしょうね。

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ