【あさイチ】紫外線のシミ対策など夏のお疲れ肌のケア方法!

夏の紫外線

2016年9月13日放送の「あさイチ」の「スマートライフ」は
「夏の疲れ肌ケア」

強い紫外線などで肌は想像以上の
ダメージを受けます。

日焼け止めの塗り方や
紫外線によるシミや乾燥対策の方法を紹介!

パウダーリファンデーション、ピーリングやビタミンC誘導体、セラミドなど。

スポンサードリンク

夏の疲れ肌ケア

夏の疲れ肌ケアについて教えてくださるのは
皮膚科医の吉木伸子先生です。

先生によるとお肌の悩みで1番多いのは
シミなのだそうです。

紫外線対策

日焼け止めにはSPFの数値が表示されていますが、
効果をきちんと得るためには
分量を守らなければいけないとのこと。

顔にはだいたい500円玉大の量を塗ることが必要。

五百円玉大の半分になると日焼け止めの効果は
1/4まで下がります。
塗る量が1/4になると、
効果は1/16まで下がるそうです。

実際には平均の1/4から1/3ぐらいしか
塗っていない方が多いといわれています。

日焼け止めは塗り方も伸ばすのでなく
置くように塗ります。

通常は2時間ごとに塗り直しが必要なのですが、
お化粧をしていたりすると難しいので、
粒子が紫外線を跳ね返してくれる
パウダリーファンデーションが効果的。

それだけで紫外線を跳ね返す効果があるので
きちんと塗っていると紫外線を防ぐ効果があります。

日焼け止めが入っていなくても
紫外線を防ぐ効果があります。

汗で崩れたら
また塗り直すのがいちばんおすすめです。

くすみやシミのケア

紫外線によるくすみやシミができてしまった場合、
薄いものに関しては家でのケアが可能です。

おすすめの方法は「ピーリング」です。

肌の新陳代謝を上げてケアすることが出来ます。

ピーリングで角質を取ることで肌の代謝をあげて、
メラニンの影響を抜いていきます。

おすすめは塗って洗い流す乳液やクリームのタイプ。
1分ほどマッサージするように塗って流す。
週に1回くらいが目安。

紫外線は年単位で蓄積され少しずつシミになるので、
早いうちのケアが重要。

スポンサードリンク

また、美白製品はビタミンC誘導体が良いとのこと。

ビタミンCの中でも誘導体というのは、
いろいろリン酸基とかと結合をさせて
肌に結合させやすくしたものを
ビタミンC誘導体と呼んでいます。

誘導体にもいろいろありますが
中でもリン酸基というものがおすすめ。

表示成分がリン酸アスコルビルと書かれてあります。

朝、晩使うことでしみ予防になります。

乾燥対策

乾燥は冬のイメージが
夏も乾燥します。

夏の肌は紫外線の影響で潤いが減り
乾燥しています。

効果的なのはセラミド。

セラミドとはお肌の表面に
角質層の部分があります。
その中にあるのがセラミドです。

そのセラミドが
肌の水分を維持しているため、
減ると乾燥してしまう。

なのでセラミドが入った
美容液やクリームで補うと良い。

セラミドに数字(2・3)がついているものが
配合されているものが特におすすめ。

吉木伸子先生開発のエッセンス↓

洗顔したあとにビタミンC誘導体の化粧水をつけて
そのあとセラミドの美容液やクリームをつけると
パーフェクトのスキンケア。

睡眠が大事

ただ何よりも大事なことがあります。
お肌は体の中から出てくるので睡眠が大事。

夜の10時から2時までを
ゴールデンタイムといいます。

人間の脳は、太陽と連動しているので、
夜行性ではないので。
多くの方は、夜の10時から2時までが
肌の代謝がよくなる時間になります。

夜10時でなくてもいいのですが
遅くても夜12時間か12時半までには寝てください。

ゴールデンタイムを守るだけでも
だいぶ変わるとのことです。

以上吉木伸子先生
に教えていただきました。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ