【ヒルナンデス】の「大ヨコヤマ物産展」定番のお土産が進化!白い恋人&くず餅&生八つ橋

おみやげ

2016年9月15日放送の「ヒルナンデス」の「大ヨコヤマ物産展」は
「進化した老舗のおみやげSP」

誰で持っている定番のおみやげが
知らない間に進化しています。

白い恋人&くず餅&生八つ橋が進化したものとは?

スポンサードリンク

進化した老舗のおみやげ


【ロイズ:ポテトチップチョコレート(778円)】

所在地:北海道札幌市

北海道の定番のお土産ロイズ
95年から販売を開始した生チョコレートが大ヒット!

チョコレートが進化してポテトチップに!

コーティングされたチョコが
ポテトチップスに合うように作られています。

甘じょっぱい味が人気!↓




【紅葉堂:揚げもみじ(180円)】

所在地:広島県廿日市市

広島の定番お土産「もみじ饅頭」

今では駅や空港などでお土産に買うことができますが、
実は明治時代に宮島で誕生した饅頭。

そんなもみじ饅頭が進化したものが揚げもみじ!

1日で最高で1.5万本売れたこともあるそうです。




【石屋製菓:白いバウムTSUMUGI(1296円)】

所在地:北海道札幌市

北海道旅行の定番「白い恋人」

サクサクのクッキーにホワイトチョコレートをはさんだ
今年で発売40周年を迎えた大人気商品!

そんな白い恋人がバウムクーヘンに進化! 

北海道をイメージした真っ白なバームクーヘン。

生地を作る時に通常はバターを使うのですが、
バターの代わりにあの白い恋人のホワイトチョコレートを
練り込んでいるのです。

スポンサードリンク

ちなみにバウムクーヘン1個に白い恋人7枚分も使用。
ここにたどりつくまでに100種類以上のレシピを
試したそうです。




【船橋屋こよみ:くず餅プリン(399円)】

所在地:東京都渋谷区

江戸時代創業、船橋屋のくず餅。

厳選された小麦でんぷんを約450日乳酸発酵させ
蒸して作ったくず餅は
モチモチした弾力としなやかな歯触り。

そんなくず餅がプリンに進化!

見た目は普通のプリンですが、卵にくず餅と同じ
約450日発酵させた小麦でんぷんを入れています。

さらに代々受け継がれている
船橋屋秘伝の黒蜜と香ばしいきな粉をかけることで
食べ始めはプリン、後味はくず餅という不思議な味。

若い人に和菓子の味を知ってもらいたいと
開発されたそうです。



【京都銘菓おたべ:京町家ケーキ(6個入り 1166円)】
所在地:京都府京都市

京都みやげの定番と言えば生八つ橋。

あんこ入りやあんこなしなど
さまざまなバリエーションがあります。

昭和21年創業の老舗京都銘菓 おたべ。

今年で発売50周年を迎えた三角形の
あん入り生八つ橋はこのお店で誕生しました。


そんな生八ツ橋がケーキへと進化! 

抹茶の生八つ橋で「黒豆あん入り抹茶チョコレート」と
「抹茶ケーキ」をはさんだ進化系スイーツ。

実はケーキのチョコに使っている抹茶は
生八ツ橋に使われているものと一緒で
1836年創業の老舗「森半」と同じ物を使っているのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ