【ガッテン】心臓マッサージのやり方はプリプリの「ダイヤモンド」で!心臓脂肪を減らす方法

病気

2016年9月21日放送の「ガッテン」で
「心臓マッサージ」がとりあげられました。

心肺停止の心臓マッサージは
プリプリのヒット曲「ダイヤモンド」で行うと、
命を救える確率が上がります。

スポンサードリンク

心肺停止には心臓マッサージ

突然死する人の6割は
心臓の異変・心肺停止が原因。

そしてその突然死の7割が
家で起こっているとのこと。

命を救うためにとにかく実行して
欲しいのが心臓マッサージです。

でも、いざというとき、どうやっていいのか、
勇気が持てないですよね。
その勇気をくれるのが「ダイヤモンド」。

この曲には、心臓マッサージをプロ並みに
行える秘密が満載だといいます。


心臓マッサージのやり方

アメリカでは、誰かが突然倒れた時には
「救急車を呼んで、心臓マッサージをすぐに行う
ことが重要だ!」
というCMが流されています。

人が倒れて、もし呼吸をしていなかったら
すぐに心臓マッサージをすることが大切。

救急車が来るまでの間、心臓マッサージを行えば
助かる可能性が二倍に高まるというデータもあり、
心臓マッサージはとっても大切です。

心臓マッサージの目的は「押して心臓を蘇らせる」と
思っている人が大半でした。

しかし、本当の目的は「押すことで脳に血液を送ってあげる」こと。

最近の救命救急の現場では、自動胸骨圧迫装置を使い
心臓マッサージを行っているそうです。

心臓マッサージは灯油のポンプなどと同じ原理。

押すだけでは血液を送り出すことはできません。

押すだけでなくしっかりと引いて“間”を作り
新しい血液を入れることが大事なのです。

といっても、いざという時に誰かに
心臓マッサージを行うのは不安ですね。

そこで医師の山畑佳篤さんが見つけたのが
プリンセスプリンセスの大ヒット曲「Diamonds」に
合わせて行うという方法。

以前は「うさぎとかめ」の歌だったのですが
これだと押すことばかり意識がいってしまいます。

心臓マッサージは一分間に100~120回のリズムで
行うのが理想とされていますが、
Diamondsはリズムがピッタリ。

またこの曲には、はっきりした
「裏打ちのリズム」があります。

これが押すだけでなく「手を引く」と
いう動作も助けてくれて、
心臓マッサージの大切な目的である
血流を脳に送るという
ポンプ機能の効果を高めてくれるんです。

スポンサードリンク

心臓マッサージやAEDの方法

【心臓マッサージの練習方法(胸骨圧迫のやり方)】

『準備するもの』
ざぶとん4枚

もしくは
2リットルのペットボトル
タオル
辞書(雑誌など)

『やり方』
1.座布団を使う場合は1番の1枚だけ半分に折る
ペットボトルを使う場合はタオルでくるみ、
下に辞書などの高さのあるものを置いて高さを出す

2.胸の真ん中に手の付け根を置く

3.ひじはまげずまっすぐに、約5㎝押す。

※実際の人相手の練習は怪我の危険がありますので
行わないでください。

心臓マッサージは1分100~120回のテンポでやるのがよく、
「DIAMONDS」を流しながら行うと112回になるとのこと。

その他にも向いている曲があり
「365日の紙飛行機」
「いつでも夢を」
がオススメ。

実際の時は曲が流れるわけではないですが、
心の中でメロディーが流れれば正確なリズムで行えるそうです。

心肺蘇生といえば最近増えてきたのがAED
羽田空港には80台ものAEDが設置されています。

AEDは、心臓が危険な不整脈を起こしているときに
電気ショックで正常な動きに戻してくれる働きをします。


 
人が倒れていて息をしていなかったらまずは救急車を呼ぶ!
心臓マッサージを開始

もう一人いたらAEDを持ってきてもらう
使い方は音声の指示どうりに行えば大丈夫
機械の指示通りに行ったら手で心臓マッサージを再開!

心臓脂肪を減らす方法

心臓に付いた過剰な脂肪が、
心筋梗塞を起こす危険を高めることが
明らかになりました。

怖い心臓脂肪ですが、
減らし方は意外と難しくないそうです。

ごく軽い運動を毎日の生活にプラスするだけで
心臓脂肪を効果的に減らせるということがわかりました。
その運動量は、心拍数が30程度上がる運動を
1日30分ほど。

心拍数が30上がる運動量とは、
息が上がるか上がらないかぐらいです。

例えば、通勤中の歩行を早歩きにする、
階段を積極的に利用するなど工夫をすれ
ば実現できる量です。

最後に歯の病気と全身の血管の病気が
関係があることが分かりました。

実は虫歯の歯周病菌も、
心臓や血管に悪さをしているのです。

歯茎から侵入した歯周病菌が心臓や大動脈にくっつき、
心筋梗塞や大動脈を破裂させたりするとのこと。

突然死を防ぐためにもお口のケアはきちんとしましょう。

スポンサードリンク

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ