【得する人損する人】奥田政行の世界のVIPがうなったチャーハンのレシピ!

奥田政行さんチャーハンのレシピ

2016年9月22日放送の「あのニュースで得する人損する人」。

家事えもんと辰巳琢郎が推薦する超一流シェフ
奥田政行さんが「チャーハン」をテーマに
料理対決!

ここでは奥田政行さんの1人前285円
チャーハンのレシピを紹介!

スポンサードリンク

チャーハン対決のルール

ルールは3つ
・食材はスーパーで買えるもの
・1人前は300円以内
・20人の主婦が「味」と「調理の手軽さ」で審査し
マネしたいチャーハンを作った方が勝ち!

奥田政行さん

奥田政行さんは
世界の料理人1000人にも選ばれた
山形県鶴岡市のイタリアンのお店
アル・ケチァーノのオーナーシェフ。

プーチン大統領や安倍首相をはじめ
世界を代表する政治・経済のVIPが集まる世界会議「ダボス会議」に
参加した各国のVIPから絶賛されたチャーハンを
家庭でもマネできるようアレンジ。




奥田政行さんチャーハンのレシピ

奥田政行さんチャーハンのレシピ

【奥田政行さんチャーハンのレシピ】

『材料』(2人分)
鶏むね肉→80g
水→ 200ml
ピュアオリーブオイル→ 40ml
にんにく→ 17g
玉ねぎ→ 62g(1/4)
生米→ 200g
塩・コショウ→ 適量
卵 2個
しょう油→ 小さじ1/2
アイスコーヒー(無糖)→ 10ml
ブロッコリースプラウト→ 1/2パック
パクチー→ 1枝


スポンサードリンク

『作り方』
1.鶏むね肉(80g)に塩・コショウで下味をつけ、
オリーブオイル(分量外)をひいたフラインパンで皮目を下にして焼く。

2.玉ねぎ(1/4個)とにんにく(17g)をみじん切りにする。
※小さくてみじん切りできないにんにくの欠片は
鶏むね肉を焼いているフライパンに入れる。

3.別のフライパンで、鶏むね肉を焼いて出た鶏の脂で
にんにくを炒め、さらに玉ねぎを加えて炒める
さらにオリーブオイル(40ml)を加える

鶏の脂で玉ねぎを炒めてうま味アップ!

4.③に生米(200g)を入れて透き通るまで炒める

ご飯は生米を炒めればパラパラに

→お米を炊く前に玉ねぎと一緒に炒めることで、
お米の間に玉ねぎが入り、
米同士がくっつかないで炊くことができる。

また、油で米をコーティングされ、
炒めた時のパラパラ感が増す。

5.①を鶏肉を横に3等分する。
皮のついている部分は残し
もう1つのフラインパンに
皮のついていない鶏肉と水(200ml)を入れてダシを取る

鶏を茹でながらダシをとる

6.炒めたお米と玉ねぎを炊飯器に入れる。
茹でた鶏とダシも一緒に炊飯器に入れて
25分炊飯する

茹でた鶏をダシと一緒に炊飯器へ

→このまま炊くとブイヨンを取らなくてもよい!

7.炊きあがったらバットにあげ、あおいで冷す。
冷ましたごはんに塩・コショウで味付けし、
フライパンで炒める

炊いたお米の水分を飛ばしパラパラに

→チャーハンがべちゃっとなる原因はご飯同士の水分。
炊き上がったご飯をあおぎ、表面の水分を飛ばすことで、
炒めた時に べたつくのを防ぐ。

8.一緒に炊きあがった鶏を細かく切る。
残しておいた鶏の皮の部分も細かく切り、
フライパンに加える

茹でた鶏&焼いた鶏で2つの食感

9.フライパンの半分を開け、卵(2個)を入れ、
半分火が入ったところで、混ぜ合わせる。

白身と黄身はまだらにして味を増やす

10.ご飯をフライパンの片側によせ、
空いている面にしょう油(小さじ1/2)を
入れ焦がし、和える

焦がししょう油の香りで食欲アップ!

→香りが際立ち、食欲を増進させる

11.更にご飯をよせてあいたところにコーヒー(10ml)をいれて
煮詰めたらご飯と和える

コーヒーを入れてプロの香ばしさに!

→「メイラード反応」という、食材を加熱すると糖とアミノ酸が結合し、
褐色になり、香ばしさが増す反応を利用した得ワザ!

※実はコーヒーも、この「メイラード反応」によって
色と香ばしさが生まれている。
プロのチャーハンは、強い火力で
ご飯にメイラード反応を起こすが
コーヒーを使えば家庭でもプロのよう
な香ばしさを生み出す事ができる!

12.お皿に盛り付け、ブロッコリースプラウト(1/2パック)、
パクチー(1枝)を散らしてできあがり!

♪————————-♪
「醤油×鶏肉のかけ算レシピ!
世界で戦ってきたチャーハン」

1人前:285円
調理時間:35分(炊いた時間25分)

♪————————-♪



番外編/ごぼうカフェラテのレシピ

【ごぼうカフェラテの作り方】

『材料』(1人分)

・ごぼう 
※細いごぼうは灰汁が強く、甘くないので
太い方がやわらかくて、砕きやすく
カフェオレにしやすいのでおすすめ!

『作り方』
1.ごぼうにドライバーで穴をあけて
麻ひもを通しヌンチャクを作る。

2.ごぼうをヌンチャクのように回し、
水分が移動した方のごぼうを切り、
フードプロセッサーで撹拌、ザル(濾し器)でこせばできあがり!

※家庭でゴボウのカフェオレを作る場合
ヌンチャクを作らなくても、
麻糸を通しておよそ5分振り回せば
先端に水分が集まります。
ご家庭のフードプロセッサーでつぶしてこせば完成!

100%ゴボウですが、
砂糖が入っているかのような甘さだそうです。


チャーハン対決の結果

奥田シェフの味→193点
奥田シェフの料理の手軽さ→174点
奥田シェフの合計→367点

家事えもんの味→184点
家事えもんの料理の手軽さ→190点
家事えもんの合計→374点

僅差で家事えもんの勝ち!
味は奥田シェフのがおいしいけど
手軽さは家事えもんのチャーハンだったようですね♪


まとめ

この日放送のレシピ↓
【得する人損する人】美メシハンバーグのレシピ!盛つけ方も

【得する人損する人】サイゲン大介のお茶漬けの素&梅肉の時短パスタのレシピ!

【得する人損する人】家事えもんの絶対失敗しないレタスつけチャーハンのレシピ!

【得する人損する人】サイゲン大介の濃厚カルボナーラのレシピ!乾麺を生めん風に

スポンサードリンク

コメントを残す

Print This Post Print This Post
サブコンテンツ

このページの先頭へ