【ヒルナンデス】日常で使われている意外な「仏教用語」ランキング!

本、絵本

2018年9月13日放送の「ヒルナンデス!」。
これって何のランキング!?タイトル当てるンデス

意外と知られていない日常で使われている
「仏教用語」ランキングの紹介!

スポンサードリンク

意外と知られていない日常で使われている「仏教用語」ランキング

(goo ランキング)



【9位:自由】

自分で決めて行動したのだから
全ての責任は自分にあるという意味の言葉。


【8位:大丈夫】



【7位:玄関】

玄妙な道に入る関門、
つまり奥深い仏道への入り口という意味。


【6位:未曾有】

日常では未曾有のの惨事のように
悪い意味で用いることが多いが
本来は素晴らしいこと
神秘的なことを表す言葉


スポンサードリンク

【5位:アバター】

古代インドの言葉「アバターラが語源」
仏教での意味は「化身」


【3位:四苦八苦】
3位は2つ

「人生は苦」を受け入れることから
始まるという仏教の教え。

四苦は「生・老・病・死」他
4つも加えて八苦がある


【3位:愚痴】

仏教で説かれる「三毒」のうちの、「癡(ち)」が語源。

「癡(ち)」とは、煩悩のひとつで
人間の愚かさを指す言葉とのこと。



【2位:安心】

「安心立命」の略語で、
天命を知り心の平安を保つという
意味を持っています。


【1位:有頂天】

仏教の世界観を表す言葉のひとつで、
天上界における最高峰を指しています。

常で使っている有頂天とは、
少し違った意味合い。


スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ