【スッキリ】格安スマホの選び方、注意点、速度などの疑問

SNS,ツイッター、スマホ

2018年9月14日放送の「スッキリ」の
教えて!モリSearch は「格安スマホ

格安スマホの選び方、注意点、疑問
などの紹介!

スポンサードリンク

キャリアと格安スマホ

調査によるとスマホ代の
一世帯あたりの平均が1万7771円。

日本の携帯料金は世界的に見て高く、
フランスの5倍以上なのだそうです。

キャリアと格安スマホ

キャリアはau・SoftBankなど
電波を発射する基地局を持ちます。

格安スマホは基地局を借りて
運営しているので管理費がかからず
低価格でできる。

格安スマホは
UQmobile、Y!mobile、LINE MOBILEなど
800社ほどあり、
格安スマホだと月額2000~3000円。

格安スマホの疑問

ヨドバシカメラ新宿西口本店に
疑問をぶつけに行きました。

格安スマホコーナーがあり、
8社の格安スマホ会社を
取り扱っています。



機種変しなければいけないの?

条件を満たせば
既存のスマホが
格安スマホになります

SIMカードを差し替えれば、
本体は変えないで大丈夫。

SIMカードは電話番号や契約者情報が
記録されていて、スマホに入れることで
通話やインターネットが使えるようになります。

SIMカードを交換して
格安スマホ会社のSIMカードを
自分の端末に入れるとその日から
格安スマホになり、写真や動画、
連絡先もそのまま使えます。



どうやってスマホ会社を選べばいいの?

使用状況にあったプランを
探すのが良い。

使用状況を伝えると
それにあった会社を
すすめてくれるそうです。

森アナの場合は無料通話アプリで、
LINE、ツイッターなどのSNSを
使うことがほとんどで
月8000円ぐらい。

そんな森アナには
LINEなどのSNSでデータカウントされない
LINEモバイルがオススメ。

月8000円→2400円ほどになるとのこと。

※ただし、通話料は別途負担で、30秒あたり20円。



電話番号は変わるの?

変えたくない場合は今契約している
電話会社に連絡し、転出する為の
ナンバーポータビリティ―の予約番号を
聞きます。

やりとりは5分程度。


SIMロック解除

さらに格安スマホに乗り換えるには
「SIMロック解除」が必要です。

スポンサードリンク

SIMロックとは
今までは例えばドコモならドコモの
SIMカードしか使えずスマホを
買い替えないといけなかったのですが
外せるようになったそうです。

解除の主な条件は
2015年5月以降に発売された機種であること。

一括購入なら支払い後すぐに可能、
分割購入なら購入日から101日目以降に可能。

端末代を分割している場合の残債は
支払わなければなりません。



SIMロック解除方法

1.請求額記載のページにある「契約確認」をおす。

2.「SIMロック解除手続き」をおす。

3.必要事項を記入し、解除手続きをする。

難しい、わからないという人は
キャリア窓口で3000円で解除してくれます。

【格安スマホ乗り換えの流れ】

申込書に入力→SIMカードを入れ替える→システム設定し完了

趣味レーションでは約40分の所要時間でした。



通信速度は大丈夫?

12~13時や夕方など
利用者が増える時間帯は
通信速度が遅くなるそうですが、
SNSやネット通話などが使えなくなる
ほどではない。



注意点

・店舗が少ない
相談などはインターネット上で回答

・機種変更時は自分でデータ移行する

データ移行してくれる家電量販店もある(有料)

・キャリアメールがない
キャリアメールアドレスでいろいろ登録
などしていた場合、変えなければなりません。

メールはアイクラウドやGメールなど
自分でります。

格安会社を選ぶポイント

通信速度やエリアはほとんど変わらないので
生活に適したサービス内容で選ぶのがおすすめ。

【家族で使いたい場合】

「アイアイジェイミオ」

ファミリーシェアプランが充実

家族3人で月額3260円(税抜き)

12GBの通信容量を3枚のSIMカードでシェア可能。

1枚400円でSIMカードを追加可能。(10枚まで)




【ずっと動画を見ている】

「BIGLOBE」

動画見放題&音楽聴き放題

月額2630円(税抜き)/6GBの場合

特定の配信サービスが通信容量にノーカウント。
YouTube 、AbemaTV 、Apple Music 、Google Play
radiko.jp など



格安スマホで最も注意すること

あくまで通話料は別。

仕事などで長電話をする場合は
キャリアの方が安心

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ