【沸騰ワード10】崖っぷちの客クのナチュラルクリーンクリーニング!横澤夏子の財布やデヴィ夫人のドレスも

結婚式

2018年9月14日放送の「沸騰ワード10」
崖っぷちの客大調査!

クリーニングの駆け込み寺
「ナチュラルクリーン」の
クリーニングの様子を紹介!

横澤夏子さんの財布や
デヴィ夫人のドレスも登場します

スポンサードリンク

ナチュラルクリーン

8月24日放送で大反響だった、
崖っぷちの客大調査!

京都大学薬学部出身の松村誠さんが、
他店で断られた品をスゴ技で
次々と復活させます。

ワンピース

最初の崖っぷちの客が持ってきたのは、
18年前に購入した5万円のワンピース。

18年前のステーキソースのシミが
ありました。

シミがついてすぐにクリーニング店に
持ち込んだが、全く取れなかったとのこと。

結婚記念日に着ていきたいと
ダメ元で駆け込んだそうです。

松村さんは汚れの分子記号を書き出し、
適切な洗剤を手に取ってクリーニングを始めた。
クリーニングを初めて数秒、
18年前のシミはたった10秒で取れてしまった。

着物

着物が届きました。

26年間大事にしてきたという着物は
シミだらけ。

娘の七五三の着物を、娘の子ども(孫)に
着せてあげたいととのこと。

しかし、シミはあまりに古すぎたため
松村さんでも手に負えなかった。

そこで大師匠だという日名川茂さんに相談。

日名川さんはこれまで、
美術館に展示されているような国宝級の着物を
数々修復してきました。

着物のシミを「タンパクのしみ」と見抜き
すぐにシミ抜きを始めました。

生地のシルクは摩擦に弱く、
すぐに毛羽立つため薬剤をつけたら
極力早くしみを抜くのが基本ため、
日名川さんは二刀流で作業時間を短縮。

スポンサードリンク

シミ抜きを始めること3分、
26年前のシミは跡形もなく
消えてなくなったのでした。



横澤夏子さんのお財布

渡辺直美さんからもらった、
エルメスの財布。

財布は3年分の手アカが蓄積して黒ずみ、
小銭入れは10円玉のサビで真っ黒に。

取っ手の部分はちぎれてしまっていた。

松村さんは黒ずんだ縁を研磨剤で削り、
その後濃い色を塗ります。

小銭入れは溶剤の入ったスプレーガンを
吹きかけてキレイに

仕上げは丸ごと水洗い。

スタジオに財布が登場。
まるで新品同様に。

お代は5万9400円でした。

デヴィ夫人のドレス

デヴィ夫人の
44年前の純白のイブニングドレス。

ニナリッチのオートクチュールで、
エルゼア・ド・サブラン公爵と
交際していた時のドレス。

自動車1台分もしたドレスです。

日名川さんに見てもらうと
「かなり汚く、こんなのみたことない。
これは厳しい」

まず着物専用の洗濯機にドレスを入れ、
石油系溶剤で洗濯。

ドレスについていた44年前の
シャンパンのシミは二刀流の武蔵抜きで
1分で落とした。

胸の内側についた汗ジミは酵素で分解し、
ドライヤーで揮発。

続いて花の装飾を切り落とし、
熱湯に洗剤を入れてドレスを煮始めた。

ドレスは純白に蘇った。

そして、100以上ある花の装飾は
1枚ずつ丁寧にアイロンがけ。
白の顔料を吹き付け、元の場所に
縫い付けたのでした。



♪————————-♪
お店:ナチュラルクリーン
住所:千葉県君津市外箕輪2丁目10−1
ナチュラルクリーン
♪————————-♪

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ