【NHK趣味どきっ!自律神経ケア術】「メンタルが変わる」不安を解消する方法!

勉強、本を読む女性

2018年9月5日放送の
「趣味どきっ!自律神経セルフケア術」
第6回「メンタルが変わる」

小林弘幸先生に教えてもらます。

不安を解消する方法や
メンタルを安定させるエクササイズの紹介!

スポンサードリンク

第6回「メンタルが変わる」

アップルミントソーダ

今日のヘルシードリンクは、
アップルミントソーダ。

フレッシュミントの清涼感で
不安な気持ちも忘れられそうな
ドリンク。

細かい作り方は紹介されなかったので
材料だけ紹介します。

『材料』
フレッシュミント

シナモンスティック

リンゴジュース

炭酸水      



メンタルの弱さって?

メンタルが弱いと思うのは
不安を強く感じすぎているから

不安を感じると
交感神経が高まり、
副交感神経が働かず、
結果として血行が悪くなります。

そうなると、体の動きが悪くなります。
そのため、また不安になって
というように、負のスパイラルに
陥ってしまいます。

心技体ではなく、体技心

よく「心技体」といいますが、そうではなく
「体技心」、つまり「体」をしっかり元に
戻しておけば、「心」は自然とついてくる
のです。

自律神経を整えれば
メンタルも安定して
自然に心はついてくるのです。

もっとメンタルを強くしたいときは、
体の調子を整えることが大事。

不安を解消する2つのコツ

【不安なときこそ、ゆっくり動く】
例えば、歯磨きをゆっくりやってみます。

すると、呼吸をしている自分に気がつきます。

「ゆっくり動く」と呼吸が深くなり、
自律神経が整います



【不安を解消するには、歩く】
歩いていると、不安が飛んでいきます。

不安を感じたときは、
家の中でも外へ出てもいいので、
とにかく歩いてみるとよい。

この現代のストレス社会では、
自律神経は乱れてしまうもの。

ゆっくり動くたり歩き回ったりして
乱れた自律神経を元に戻すことで
不安を解消できます。

不安を減らす

メンタルを弱くさせる不安の量は
工夫次第で減らすことができるとのこと。

不安を書き出す
日常生活で感じている
不安を明らかにすることが大切です。

身近な不安を5つ書き出して、
順位をつけてみてみます。

不安になっていること、嫌なこと、
心配なことを書き出すことがすごく重要。

実書き出してみることで、
さらに順位をつけることで、
一番大きな不安以外は
それほど気にならなくなります。

つまり、不安に感じる量を
減らすことができます。

また、不安が出たらその理由と解決法を、
書き出しておくとよい。

具体的であればあるほどよい。

エクササイズ

メンタルを安定させるには、
脱力が大事。

“脱力”で不安を解消

つま先立ち脱力

1.足を肩幅に開いて真っ直ぐに立って、
つま先立ちをする。

2.両腕と体を左右に振りながら
一筋脱力する

人はつま先立ちになると、
体を安定させようとして緊張が走ります。

そして、緊張状態から脱力する動きは、
副交感神経の働きを促進する
作用があります

これを5回ほど繰り返す。

両腕上げ下ろし

1.仰向けになる。

2.両腕を垂直に上に伸ばして
脱力してストンとおろす。

呼吸は腕を伸ばすときに息を吸い
下すときに吐く



日頃、呼吸を意識したり
力を抜くことが重要だと意識されれば、
日頃からの解消効果も期待できます。



思い出の写真

今日のおすすめのほっこりアイテムは
思い出の写真。

思い出の写真を身近な場所に
置くようにしましょう。

楽しかった出来事や、
何かを必死に頑張ったころの記憶は、
気持ちを落ち着かせて自律神経を
整えてくれます。



自律神経ケア術

1回目【NHK趣味どきっ!自律神経ケア術】「血行が変わる」ゆっくり呼吸やスクワット

2回目【NHK趣味どきっ!自律神経ケア術】「疲れが変わる」上体のばし振り子運動のやり方!

3回目【NHK趣味どきっ!自律神経ケア術】「頭痛が変わる」原因や対処法のエクササイズ

4回目【NHK趣味どきっ/自律神経ケア術】腸活!腸を鍛えるエクササイズや食習慣

5回目【NHK趣味どきっ/自律神経ケア術】イライラを解消する呼吸法や3点エクササイズ!

6回目【NHK趣味どきっ/自律神経ケア術】「メンタルが変わる」不安を解消する方法!

7回目【NHK趣味どきっ/自律神経ケア術】「睡眠が変わる」快眠エクササイズほか!

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ