【名医のTHE太鼓判】梅干しとしらすのだし茶漬けのレシピ!骨粗しょう症を防ぐ

お茶漬け

2018年9月17日放送の「名医のTHE太鼓判!」
背骨のゆがみを整えて体の不調を改善しようSP

ここではカルシウムの吸収率をアップできる
赤と白の食材
梅干しとしらすのだし茶漬けのレシピの紹介!

スポンサードリンク

カルシウムの吸収率をアップできる組み合わせ

骨粗しょう症の一番の原因は、
加齢による骨密度の低下。

カルシウム吸収率は年齢で異なり、
60代になるとピーク時の半分にまで低下します。

なので若い頃と同量のカルシウムを摂っていても、
体に取り込めるカルシウムは知らず知らずのうちに
減っています。

管理栄養士の赤石定典先生によると、
カルシウムの吸収率を上げる
赤と白の食べ合わせがあるといいます。

赤の食材は梅干し。

カルシウムは体に吸収されにくい成分。

吸収率が高い牛乳で4割程度、
小魚では約3割程度、野菜では2割程度しか
吸収できません。

しかし、梅干しに多く含まれているクエン酸が、
カルシウムの吸収率を助けてくれます。。

白の食材はしらす。

しらすはカルシウム豊富で、
牛乳のおよそ5倍。

しらすにはカルシウムの吸収を助ける
ビタミンDも含まれているため、
ビタミンDとクエン酸のダブル効果で
よりカルシウムの吸収率をアップできます。

梅としらすの出汁茶漬けはカルシウム吸収率が
約1.5倍に。

1日に必要なカルシウムは牛乳で瓶3本分ですが、
このだし茶漬けならお茶碗1杯で充分とのこと。

スポンサードリンク

梅干しとしらすのだし茶漬けのレシピ

【梅干しとしらすのだし茶漬けのレシピ】

『材料』
梅干し

しらす

ごはん

大葉

だし(塩分が入っていない和風だし)

『作り方』
1.梅干しの種を取って刻む

2.ごはんを盛り
刻んだ大葉、しらす、梅干しをのせる。

3.だしをかけてできあがり。

ポイントは無塩の和風だしを使うこと。

だしをとる時間がない場合は
かつをぶしをかけて
お湯を注ぐだけでもo.k



名医のTHE太鼓判

【名医のTHE太鼓判】背骨の歪み&胸椎のセルフチェック方法!

【名医のTHE太鼓判】梅干しとしらすのだし茶漬けのレシピ!骨粗しょう症を防ぐ

【名医のTHE太鼓判】梅マヨネーズのレシピ!骨粗しょう症予防に

【名医のTHE太鼓判】1日5分ハイハイ体操で背骨の歪みを防ぐ!蛭子能収

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ