【スッキリ】呼吸筋ストレッチのやり方!咳ぜんそく予防に

ストレッチ、体操、伸び

2018年9月19日放送の「スッキリ!」の
すっきりtouchで
咳ぜんそくが取り上げられました。

咳ぜんそく予防体操
呼吸筋ストレッチのやり方を紹介!

スポンサードリンク

咳ぜんそく

今日のテーマは9月に要注意の咳ぜんそく。

峰村広医学博士に
教えていただきます。

咳ぜんそくとは
慢性的に咳が続く気管支の病気。

気道が炎症を起こして狭くなるため
咳の発作が起こります。

1年以上続く場合もあり、
女性に急増していて
9月に発症する人が多いのだそうです。

患者に女性が多いのは
女性ホルモンの影響という説もあるのですが、
男性に比べ気管支が細いため
影響が出やすいのだそうです。

原因①エアコンのホコリやカビ

原因②台風による気圧の変化



かぜと勘違いしやすい

咳ぜんそくは日中は症状が軽く、
夜中や明け方に症状が出るため
風邪と間違えやすいそうです。

咳ぜんそくには咳止めは効果がない。

咳ぜんそくは炎症を押さえ
気道を広げる薬を使わないと
咳は止まらない。

放置していると
3人に1人が気管支ぜんそくに
移行してしまうとのこと。 

【風邪と咳ぜんそくの違い】

【風邪の咳】
湿った咳が5~6回
ゴホゴホ(低温)
痰が出る

3週間以内に止まる


【咳ぜんそく】
乾いた咳が2~3回
コンコン(高温)
痰が出ない

3週間以上経っても止まらない

スポンサードリンク

咳ぜんそくの予防法

【室内の予防法】
エアコンを乾いた状態にする
冷房運転をした後に送風を30分することで、
エアコン内のカビの繁殖を防ぐことができます。


【外出する時】
喉にホコリや刺激物質を入れないために
マスクをする



【効果的な飲み物】

コーヒーにハチミツを入れて飲む

ティースプーン半分ほどのハチミツを
コーヒーに入れて飲むのがオススメ。


【呼吸筋ストレッチ体操】

呼吸筋ストレッチ体操をする

やり方は下記にあります。



呼吸筋ストレッチのやり方

肺と呼吸機能が高まり
咳ぜんそく予防に

1.両足を肩幅の広さに開く

2.ボールを抱えるように背中を丸めて
鼻からしっかりと息を吸う

咳ぜんそく予防、呼吸筋体操

3.そのまま両腕を真上に伸ばす

3.腕を右にひねりながら、
ゆっくり息を吐き両手を肩の高さで一直線に伸ばす

咳ぜんそく予防、呼吸筋体操

左右1回ずつで1セット
毎日2セットおこなうとよい

※ポイントは鼻からしっかりと息を吸う
こうすることで吸うときの呼吸筋を鍛えられます

※また、息を吐くときは吸うときの3倍時間をかけて
口からゆっくりと息を吐く
こうすることで吐くときの呼吸筋を鍛えられます

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ