【あさイチ】ITの新しい在宅ワーク!(RPA)ロボティックプロセスオートメーション

パソコン、仕事

2018年9月19日放送の「あさイチ」の
女のニュースは
女性×IT 新しい在宅ワーク RPA

ロボティック
プロセスオートメーション(RPA)の紹介!

スポンサードリンク

(RPA)ロボティックプロセスオートメーション

新しい在宅ワークがあるそうです。

子育てや家事と仕事の両立の悩みを解消。

ある女性は在宅で年収240万円だといいます。

それはロボティック
プロセスオートメーション(RPA)。

オフィスワークでは伝票入力や経理処理、
顧客にメール送信など
単純作業がたくさんあります。

こうした作業のやり方をコンピューターに
覚え込ませ自動化するのが
ロボティックプロセスオートメーション(RPA)。

例えば、膨大な顧客リストの中から
取引があったお客だけにメールを送りたい、
という場合
これまでは人が履歴を確認→宛先を選ぶ→
宛先を入力→メールを送信していました。

RPAでは選ぶ条件やパターンをあらかじめ
覚えさせ、次からメールの送信を
やってくれます。

これがロボットのようだといいます

スポンサードリンク

このロボットに仕事を覚えさせる教育係が
今回のプロジェクト。

RPAはデジタル労働者。
人間と同じように管理する人材が必要。

RPAを扱える人は今はまだ少ない
のだそうです。

在宅ワークをするには

仕組みとしては
企業がRPA女子プロジェクトに
仕事を発注に発注します。

RPA女子プロジェクト
はIT系の人材育成会社4社が
集まってできたものです。

そして、RPA女子プロジェクトが
仕事を求める側に振り分けていきます。

この在宅の仕事をするには
1ヶ月半近くの研修(研修5万円は自己負担)
が必要です。

研修などはすべてオンラインなので
地方に住んでいても大丈夫です。

パソコンが扱える人なら
簡単に覚えられるような内容とのこと。

仕事などのわからないことは
チャットで質問ができて
教えてもらえます。

途中で洗濯物を取り込んだり、
子供の面倒を見たり
作業を中断することもでき、
ある女性の場合は
1日2~7時間の作業時間。

生活の事情に合わせて
働く時間を調整できます。

時給は2000円~3000円と
のことです。



詳しくはこちらをご覧ください。
RPA女子プロジェクト

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ