【世界一受けたい授業】不安が消える魔法の言葉!絵本「だいじょうぶだよ、モリス」

親と子供、絵本

2018年9月22日放送の「世界一受けたい授業」。

日々の不安が消え去る
魔法の絵本・魔法の言葉を
カール=ヨハン・エリーン 先生が紹介!

スポンサードリンク

不安が消え去る魔法の絵本

日々の不安が消え去る魔法の絵本
「だいじょうぶだよ、モリス」。

これを書いたのは「おやすみ、ロジャー」の
著者であるカール=ヨハン・エリーン先生。

スポンサードリンク

スウェーデンの行動科学の専門家です。



苦手なものを子工夫する魔法の言葉

お風呂でクモを怖がるモリスに、
ママはある話をします。

すると大の苦手だったクモがモリスは、
怖くなくなります。

ママが言った、魔法の言葉とは?



正解
クモに名前を付けた。

「あのクモの名前はティナっていうの。」
そして、クモの物語を話したのです。

子どもの多くは、特定の生き物に対して
恐怖心をもっています。

そんなときは、クモに名前をつけて
想像力を刺激し、
イメージをポジティブなものに
変化させてあげます。


暗闇が怖くなる魔法の言葉

寝る時、部屋が真っ暗になるのが怖いモリス。
しかし、ママの魔法の言葉で
真っ暗が好きになります。

なんと言ったのでしょうか?


正解
黒だって色の1つなんだよ

真っ暗なとき、部屋のモノは全部
色を黒に変えているだけで、
明るくなったら黒はどんな色にも変われるの
といいます。

そして、暗いときには星が見えるんだよ
とも。

このように、子どもに想像力を与え
ポジティブなイメージに変えて
あげることが大切なのです。

この絵本を読んだ子がとった驚きの行動

執筆中にこの絵本を読んだ子どもが、
実際に行ったある驚きの行動があります。

それはどんな事をしたのでしょうか?


正解
絵本で学んだことを教えてあげた

友だちがバッタを怖がっていた時に
エピソードをはなして恐怖心を
和らげたのです。

自分が困難を克服したら、今度は人にもそれを
教えて助けたい。
そんな風に成長していくのです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ