【教えてもらう前と後】歯の接触(TCH)は万病サイン!口の血管マッサージで改善

口・歯・口臭

2018年9月25日放送の「教えてもらう前と後」
歯の接触は万病サイン

改善する口の血管マッサージのやり方も紹介!

スポンサードリンク

知らないとコワイ!TCH

口を軽く閉じた時に、
上下の歯があたっているかどうかで
TCHがチェックできます。

歯が接触している人はTCH
「歯列接触癖」とのこと。

本来、歯は接触しないのですが
本を呼んだり、料理をしたり
下をむいていると下あごが後ろに下がり
すき間がなくなって歯が接触しやすい。

さらにスマホの操作などで接触しがち。
知らないうちにクセになっているようです。。

他に、舌の脇がボコボコしている
頬の筋に白い筋が入っている
などもTCHの可能性が高い。

歯科医師の倉治ななえ先生によると
TCHは「万病のもとだ」と警告します。

TCHは歯の周りの血管が圧迫され、血流が悪化。
歯周病や歯肉炎が起きやすくなります。

また、放っておくと筋肉を緊張させる信号が
出続けるため、肩コリや首のコリ、
頭痛の原因にもなります。

スポンサードリンク

TCH改善法

①下を上あごにつけ口を大きく開ける

舌は筋肉のかたまりなので、
このように開ける練習をすると
上あごと下あごをこじあける力がつくとのこと。

10秒×3を1日2回行います。



あらゆる場所に付箋を貼る

例えば「歯を離す!」などの文字を書き
付箋を張ります。

自分の誤りに気づき、
新しい適応した行動を身につけます。

「行動変容法」という方法です。



③口の血管マッサージ

毎日手軽に続けられる改善策として、
歯ブラシを使った“口の血管マッサージ”が
すすめられました。

頬の内側にある血管を押すことで
歯の周りの血流をよくします。

顔周りの血流も良くするので、
美容効果もあるとのこと。

『用意するもの』
歯ブラシの柄など先が丸くて平らなもの

何もない場合は指先でもo.k。
※指先を使う場合は手を洗ってから行う

『やり方』
1.歯ブラシの柄を歯茎と頬の境目部分にあてる

歯の接触(TCH)

2.歯ブラシの柄を外側へ押す

※空いている方の手で歯ブラシを
はさむように手をそっと添える

※押すときは息を吐きながら押す
強さはいた気持ちいい程度

3.上から下へ、左右
合計12カ所マッサージする

歯茎のマッサージ

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ