【林修の今でしょ!講座】カニかまは筋肉を作る最強食材!たんぱく質豊富で消化がよい

2018年9月25日放送の「林修の今でしょ!講座」。
「たまねぎ」「キムチ」「カニかま」
名医が健康長寿の秘訣として注目した
3大食材を徹底分析

ここでは筋肉を作る最強食材だという
カニかまの紹介!

スポンサードリンク

カニかまはたんぱく質が豊富で消化が良い

カニかまの特徴は
たんぱく質が多く含まれていること。

カニかまの原材料は
スケトウダラのすり身。

魚肉+卵白+調味料をあわせて
カニかまの生地にしていきます。

筋肉をつけるには運動後、
30分以内にたんぱく質を摂取するとよい。

長生きするにはたんぱく質を
しっかりと摂取するのが大切。

しかしこってりとした焼肉は、
高齢になるにつれて胃もたれで
たくさん食べられなかったりします。

スポンサードリンク

そこでおすすめなのがカニカマ。

カニかまは消化率がよい。

その理由はカニに似せていること。

カニカマは、カニの食感に近づけるため、
作るときに極限まで裏ごしされています。

繊維状にすることで
表面積が増えて胃液により触れるため
消化に良い。

かにかまは低カロリー

カニカマの原材料になるスケトウダラは、
鮮度を保つために内臓を取り出し
水にさらすため
脂肪がほぼゼロになります。

カニカマは、無脂肪、高たんぱく質で
低カロリーな食べ物。

胃もたれせずたくさんタンパク質が取れます。

カニカマは筋肉を作るパワーを倍増

カニかまを作る工程ではでんぷんが
加えられています。

たんぱく質単独でも筋肉を作る作用は
高まるのですが、でんぷん(糖質)を
摂取することで筋肉をつくる時の
エネルギーとなります。


1日に食べる目安

カニかま大サイズ1本には
たんぱく質が約10g、糖質が約10g
含まれています。

1日の目安は大きいサイズなら1本、
小さいサイズなら5~6本。


カニかまの赤い部分

カニかまの赤い部分に使われている着色料。
使われているのはトマトとパプリカの色素。

トマトの赤い色素はリコピン、
強い抗酸化作用があり、血管・肌の老化を
抑えてくれます。

唯一の欠点がカニかまは
塩分が多いこと。

洗って食べることで塩分が抜けます。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ