【ごごナマ】心筋梗塞の発症率が計算できるアプリ!これりすくん

血糖値、薬、血圧

2018年9月27日放送の「ごごナマ」は
お悩み解決!動脈硬化をやっつけろ

心筋梗塞の発症率が計算できるアプリ
これりすくんなどの紹介!

スポンサードリンク

心筋梗塞の発症率が計算できる!

ある日突然、
心筋梗塞や脳梗塞を引き起こす動脈硬化。

しかし自覚症状がないまま進行するため、
異常にはなかなか気付けません。

そこで登場したのが、健康診断の結果から
心筋梗塞発症のリスクが予測できる最新アプリ。

日本動脈硬化学会では
10年以内の心筋梗塞などの発症率を
計算できます。

日本動脈硬化学会のホームページに
掲載されており、
健康診断で出た数値を入力すれば
自動的に計算してくれます。

冠動脈疾患発症予測ツール これりすくん

1.日本動脈硬化学会のHPを開くか
HPからアプリの「これりすくん」を
ダウンロードする。

日本動脈硬化学会

※アプリのダウンロードには
通信料が発生します。

2.健康診断で出た数値を入力するだけ。

リスクの度合いが結果として表示されます。

スポンサードリンク



動脈硬化の予防方法

動脈硬化対策の食事

【食べた方が良い食品】

きのこ、青魚、海藻類、納豆、玄米、野菜

魚を食べる回数と心筋梗塞リスクにも関係があり、
週8回魚を食べる人は週1回だけの人に比べて
リスクが半分以下になるというデータも。


【とり過ぎてはだめな食品】
脂身の多い肉、動物性の油、乳製品、卵など



【おすすめの献立例】

朝食→繊維質が入っているライ麦のパン、
皮なしの鶏肉、サラダなど

昼食→納豆、オクラを入れたネバネバした蕎麦など

夕食→魚類や根菜類の煮物を中心に食べる

減塩を心がけます。

ご飯も胚芽など

※ストレスを溜めないため隔週ぐらいで
好きなものを食べることも大切。


動脈硬化対策の運動

ややきついウォーキングが基本。

時間は毎日30分以上が目標。
10分を3回に分けても良い。

筋力トレーニングも組み合わせて行うと
よい。



禁煙

動脈硬化の予防で特に重要なのが禁煙。

どうしても禁煙できない場合は
禁煙外来などで補助をうけるとよい。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ