【ヒルナンデス/東海道五十三次】滋賀の逢坂山 かねよ ふわふわ玉子の「きんし丼」ほか!

東海道五十三次

2018年9月28日放送の「ヒルナンデス 」の
「東海道 レッツ 五十三次 新名物探し」

ついに最終回!

逢坂山 かねよのきんし丼などの紹介!

スポンサードリンク

東海道レッツ五十三次

江戸時代、日本橋から京都三条大橋を結んだ東海道。

その53の宿場では、数々の名物が生み出されていきました

どんなグルメやスポットがあるのか?

ニッチェとたんぽぽがガチで今の東海道を旅する企画!

今回は最終回。

ついに53番目の宿場・大津宿に到着。

京都・三条大橋までは残り10キロ。
最後は歩いて京都・三条大橋へ向かうことに
なったのでした。

ゴール 京都・三条大橋へ

SUP

℣琵琶湖のほとりを歩いていると、
SUP(スタンドアップパトルロード)を
している人を見つけ、
川村さんが代表してSUPを体験。



逢坂山 かねよ 本店

京都・三条大橋を目指して出発。

スポンサードリンク

山道を登ること30分。
「うなぎ注意」の看板を見つけたのでした。

明治創業5年の「逢坂山 かねよ」では
ちょっと変わった丼「きんし丼」が
食べられます。

鰻の上に厚焼き玉子が乗っています。

30回以上重ねて作る卵焼きはまさに職人技。

秘伝のタレで焼き上げた鰻との相性は抜群。

♪————————-♪
逢坂山 かねよ 本店
住所:滋賀県大津市大谷町23-15
♪————————-♪




東京・日本橋を出発してから3年2か月。
ついにゴール 京都・三条大橋へ!

4人を祝福するために南ちゃんが
音声さんに変装してお出迎えしたのでした。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ