【能力を上げる10の方法】天才プロ棋士藤井聡太の脳の鍛え方!メイク10とは?

将棋、しょうぎ、ひふみん

2018年9月22日の日本テレビ系放送の
「能力をあげる10の方法」

古舘伊知郎や藤井聡太、スーパー東大生に学ぶ
脳力の鍛え方!

ここでは天才プロ棋士藤井聡太さんの
脳の秘密を紹介!

スポンサードリンク

藤井聡太さんの天才脳の秘密

幼稚園で受けたモンテッソーリ教育

玩具は手が届く位置に置き
自ら遊びを選ばせる。

幼少期から選ぶことを繰り返すと
脳の選択をつかさどる部位が活性されて
意思決定能力がアップするといわれています。

ビルゲイツやオバマ前大統領も
この教育を受けていたとのこと。

幼稚園でハートタック

カットした2枚の紙を手で織り込んで
ハートの形を作る遊び

スポンサードリンク

ハートタックは難易度も様々で
藤井聡太さんは在園中に
ハートタックを100個以上作った
そうです。



車内でMake10

4桁の数字を計算して10にする

例えば3893なら
3×8+9-3=10

家族と車で出かけるときに
前に走る車のナンバーでメイク10を
楽しんでいたそうです。

これは記憶力がたかまるといいます。

大人でも覚えるのに3年はかかるといわれる
約480ページの本をまだ字も読めない幼稚園児の
藤井聡太さんは盤面を眺めることで
わずか1年で丸暗記していたそうです。

子どものころから選択力、集中力、
記憶力を身に着けていたのです。




【能力をあげる10の方法】東大生の驚きの勉強法!多相性睡眠ほか

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ