【視察団】外国人観光客に聞いた日本のご当地お土産ベスト30!

手土産、てみやげ

2018年9月30日放送の
「世界が驚いたニッポン!スゴ~イデスネ!!
視察団」

ニッポン視察団!世界で大人気
外国人がワザワザ買いに来る
「ご当地みやげ」ベスト30の紹介!

スポンサードリンク

外国人が買いに来る「ご当地みやげ」ベスト30

※紹介している商品は
番組で紹介されたものとは違う場合もあります。




【30位:沖縄の「シーサー」】

シーサーパーク 琉球窯には
1万体近くのシーサーがあり
それぞれ手作り。


【29位:青森の「りんごジュース」】

青森りんごジュースはストレートが基本。

青森県りんごジュースでは
青森県産のみのりんごを使用し4種類を
ブレンドしています。


【28位:宮城の「鳴子のこけし」】

鳴子温泉では約200年前から
こけしを作っているとのこと。

外国人にとって鳴子こけしの魅力は
頭を回すと音が鳴ること。


【27位:山梨の「桔梗信玄餅」】

もちもち食感を生む工夫は
ベースはもち粉でグラニュー糖と
水あめを加えています。

さらに寝かせて弾力を出しています。


【26位:沖縄の「琉球ガラス」】

1998年に沖縄県の伝統工芸品に
認定されました。



【25位:長崎の「カステラ」】

長崎カステラセンター心泉堂では
泡切りをしてしっとり感をだしています。


【24位:東京の「浮世絵」】

原書房には歌川広重の名所江戸百景・両国花火の
初刷りもあるとのこと。

浮世絵を購入する外国人はヨーロッパ圏に多い


【23位:神奈川の「寄木細工」】

1997年から箱根駅伝の往路優勝校に
寄木細工のトロフィーが贈呈されています。


【22位:福岡の「ひよ子」】

東京オリンピックをきっかけに
東京に進出。

評価のポイントは形と小さな目のバランス。


【21位:六花亭 マルセイバターサンド】

六花亭札幌本店では
マルセイアイスサンドなども人気。


【20位:福岡の「辛子明太子」】

辛子明太子のやまや 太宰府店では
太宰府天満宮参拝後に立ち寄る客が多い。

外国人の多くは韓国からの観光客。

ダシを使った日本風の味付けが評価のポイント。




【19位:東京ばな奈】

チョコバナナ味など各地で
限定味が販売されています。


【18位:広島の「もみじ饅頭」】

宮島のフェリー乗り場の前にあるおきな堂など
宮島周辺には25軒以上の専門店があります。

評価のポイントは外側の生地が
フワフワでやわらかい。


【17位:石川の「九谷焼」】

長町武家屋敷にある鏑木商舗には
様々な商品が並んでいます。

九谷焼は色を盛るのが特徴。



【16位:愛媛の「今治タオル」】

スポンサードリンク

柔らかな肌触りが人気。


【15位:静岡の「うなぎパイ」】

サクサクの食感が人気。




【14位:京都の「生八ツ橋」】

井筒八ツ橋本舗 嵐山店を訪れる外国人客数は
年間10000人。

モチモチしながら歯切れのよい食感が特徴。



【13位:愛知の「えびせんべい」】

えびせんべいの里 セントレア店では
約40種類のえびせんべいを販売しています。

はまかぜの特徴はエビの量が多いことで
エビは殻のついたまますり身にしています。



【12位:山梨の「甲州ワイン」】

シャトー勝沼では工場見学やワインの試飲が人気。



【11位:大阪の「堺の包丁」】

タワーナイブズ大阪では実用的な包丁が人気。

試し切りができ
名前を彫るオプションもあるとのことです。


【10位:佐賀の「日本酒」】

今年7月から佐賀⇔台湾便が就航し
外国人の新たな観光地になっています。



【9位:香川の「丸亀うちわ」】

香川県丸亀市はうちわの全国シェア90%。

年間1億5千万本以上生産しているとのことです。


【8位:神奈川の「鳩サブレー」】

豊島屋 本店では鳩サブレーが一番人気。

「鳩」のデザインは鶴岡八幡宮にちなんだもの。


【7位:岩手の「南部鉄器」】

外国人も評価するポイントは
表面の細かなあられ模様。




【6位:東京の雷おこし】

生米を蒸して焙煎したパフを、
黒蜜と一緒に鍋で煮詰めます。

伝統の製法で煮詰めることで
サクッとした歯ごたえに。




【5位:京都の「抹茶」】

日本でも代表的なお茶のブランド宇治茶。

宇治の街には江戸時代から続く老舗が
数多く残っています。

中村藤吉本店は独自でブランドした
12種類の抹茶を販売していて、
お茶室で抹茶を楽しむこともできます。

また、抹茶を使ったお菓子は外国人にも人気。


【4位:東京の「人形焼」】

生地を薄くアンコを多くするためには
職人の技が欠かせない。



【3位:京都の「西陣織」】

1300年以上の歴史を持つ西陣織。

西陣織会館では西陣織の商品を買えるだけでなく、
館内ではほぼ毎日きものショーを開催しています。

外国人には西陣織で作った小物も人気。

【2位:北海道の「」ルタオのチーズケーキ】

ルタオは北海道に10店舗展開。

濃厚なベイクドチーズの上に
さっぱりとしたレアチーズを重ねた
ドゥーブルフロマージュは年間累計300万個を
売り上げる看板商品。

ネットで口コミが広がり人気に火がつきました。



【1位:白い恋人】

誕生は昭和51年。

当時流行していたホワイトチョコを
手を汚さずに食べられるようラングドシャで
挟んだのが始まり。

白い恋人パークは人気のお菓子のテーマパーク。

製造ラインやギフトショップに加え
バラ庭園、アトラクションがあり
外国人が訪れる北海道の名所として
定番スポットに。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ