【世界一受けたい授業】大津高校サッカー平岡監督の教育法!子育てでも会社でも使える!

サッカースタジアム

2018年9月29日放送の「世界一受けたい授業」は
子育てでも会社でも使える!
無名のサッカー部を全国大会常連校に変えた
教育法の紹介!

スポンサードリンク

大津高校平岡監督の教育法

熊本・大津町にある大津高校。

25年前は無名校でしたが、
日本代表の植田直通選手や
車屋紳太郎選手をはじめ、
巻誠一郎選手や谷口彰悟選手など
多数のプロサッカー選手を排出。

今年のインターハイでも
ベスト8に輝きました。

そんな大津高校サッカー部総監督
平岡和徳さんは帝京高校の主将
として全国優勝を果たした選手。

技を覚える前にまず目と耳を鍛えろ

平岡先生が新入部員に最初に教えるのが
技を覚える前にまず目と耳を鍛えろ

人の話を真剣に理解しようと心がけ、
見る力、聞く力を養わなければ、
自分で判断して行動できるようには
ならないといいます。

生活習慣を改めよ

平岡監督が25年前に
大津高校に赴任して最初に徹底したのが
生活習慣。

すれ違う人にあいさつは必ずします。

部室もきれい。

社会人でも学生でも、
生活習慣がちゃんとしていないと
一流にはなれない
と先生は言います。



感動する心と感謝の気持ち

平岡先生は成長するために必要なことは
感動する心と感謝の気持ちが必要だといいます。

お世話になった人達に感謝できると
いうことはそれだけ心に余裕があるということ。

心に余裕があるからこそ、
成長にも加速力がつくののです。

集中力を高めるためには終わりの時間を決める

平岡先生は部員の集中力を高めるために
あることをしています。
それは仕事や勉強でも活用できることのこと。

それは練習の終わりの時間を決めていること。

午後の練習は100分間と決められており
朝も練習も自主練習だとのこと。

長時間練習させると
「いかにサボるか」を考えてしまう。

スポンサードリンク

終わりを決めてメリハリをつけることで、
生徒自身が100分でどうすれば上手くなれるか?
と考え、自分から「やる」環境が出来上がります。



本物を見せると本気になる

また平岡先生は部員たちに
サッカーに限らずいろんな本物を
見せているとのこと。

色んな本物を見せることで
子ども達が本気になり
子ども自身も本物に変わって行く事を
期待しているのです。



レギュラーの選手をどうやって決める?

レギュラーの選手をどうやって決めている?
という中村仁美さんの質問。

レギュラーの選手は、
朝練を見て決めることが多いそうです。

朝練で何をしているかで自分の課題を発見して
改善できる能力が備わってきたかを確認することが
できるとのこと。

日常生活の挨拶や片付けができない生徒は、
どんなに上手でも試合には出さないそうです。



自信をなくした子にどんな声をかける?

矢田亜希子さんからの質問でした。

「もうだめだ」の先にいる、
すごい自分を意識しろ
というそうです。

その一言で子供達は、
苦しい時こそ前に進んでいるという実感を
得ながらどんどん成長していくとのことです。

スポンサードリンク

コメントを残す

このページの先頭へ